コラム

五輪に投影された日本人の不安は、どこから来たものだったのか

2021年09月10日(金)15時05分
東京五輪のサーフィン競技会場(千葉県一宮町・釣ヶ崎海岸)

東京五輪のサーフィン競技会場(千葉県一宮町・釣ヶ崎海岸) RYAN PIERSE/GETTY IMAGES

<東京オリンピックは行き場のない「不安」がうごめく現代社会の隠喩だった。国全体が「引きこもり」になった。だがこれは、日本だけにとどまらない歴史的な傾向だ>

日本ならではの洗練と現代性で世界を魅了するチャンスであり、また世界最高のアスリートに圧倒されつつ、誇りが胸にあふれる2週間の祭典――東京オリンピックはそんな場になるはずだった。

今回の五輪には十分、夢中になった。日本が2対0でアメリカに勝利した野球の決勝戦では、日本代表を応援すらした。ほんの少し、そしてほんの一瞬目をつぶれば、そこには純粋なヒーローがいて、おとぎ話は本物だった。

だが、日本での五輪体験は違ったようだ。野球日本代表が金メダルを獲得した試合も、もちろん観客席は空っぽ。東京五輪では、観客は姿の見えないバーチャルな存在だった。

デジタル化された世界は、果たしてリアルなのか。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、五輪は行き場のない「不安」がうごめく現代社会の隠喩になった。孤立した人々のために競技や社会生活がスクリーンに映し出され、国全体が「引きこもり」になった。

愚鈍な政府は国民に五輪を押し付け、新型コロナ感染者数が急増し、病院の集中治療室が現実の病人であふれるさなかで、ポジティブムードをつくり出そうとした。

五輪とパンデミックが重なったのは全くの不運だ。だが日本では、新型コロナの累計感染者数が150万人以上に達するなか、国民の反対意見を押しのけてバーチャルな祭典を開催した事実よりも根深い不安が渦巻いている。

今の日本は、日本だけにとどまらない歴史的な傾向に直面している。意外なことに、こうした傾向は日本で引きこもる人々を、ネオファシズム主義のドナルド・トランプ支持者や、ウサマ・ビンラディンとジハーディスト(聖戦士)、ドイツのネオナチの「同類」に変えている。

個人が中心になった末に

この7世紀の間、「現代化」という勢力はより「伝統的」な社会を徹底的に蹴散らしてきた。自室に籠もろうと、米連邦議会議事堂を襲撃しようと、スクールバスを爆破しようと現代化の波からは逃れられない。

西暦1300年前後に欧州で芽生えたルネサンスは、人間を世界の中心に据え、個人という存在に力を与えた。懐疑的で批判的な思考法が発達し、「真実」はもはや神聖でも永遠でもなくなった。そして次第に、おそらく何もかもが意味を持たなくなった。

17世紀を迎える頃には、人間自身が自らの運命や人生の目的を決める存在になった。この認識が不安や混乱、虚無感を生み出した。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

JR東海、2期連続の最終赤字に コロナ禍長引き需要

ワールド

香港取引所、第3四半期は減益 低金利で投資収入が減

ビジネス

東電HD、通期最終損益は一転160億円の赤字予想に

ワールド

エクイノール、第3四半期は大幅増益 ガス高騰が寄与

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 7

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 8

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 9

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 10

    マイケル・ジャクソンのボディーガードだった私が見…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中