コラム

79歳バイデン大統領、再出馬を「リーク」して目的を達成した

2021年11月29日(月)19時10分
ジョー・バイデン米大統領

次期大統領の任期が終わる2028年、バイデンは87歳だが…… AP/AFLO

<2024年に再選を目指す意向を献金者に伝えると、すぐさまメディアに広まった。間違いなく意図的なリークだが、何が目的だったのか>

バイデン米大統領は11月20日までに、少人数の献金者に2024年の大統領選で再選を目指す意向を伝えたという。

この発言は瞬時に(そして間違いなく意図的に)報道機関にリークされ、すぐさまバイデンの狙いをめぐり臆測が飛び交った。

バイデンが少なくとも1つ目の目的を達成したのは明らかだ。

再出馬の意向や再選の可能性について、反対派や潜在的ライバルに世論形成の主導権を渡さず、2024年の選挙についての議論をリードするという狙いだ。

また、支持率の低下に見舞われている今の時期に少なくとも一時的に政治的影響力を高めることにも成功した。

再出馬の可能性は確かにあるが、その狙いは2024年に向けた意思表明というより、目の前の政治課題への対処にあった。

「本物の再出馬宣言」であれば他の政治家と同様、少数の献金者との「バーチャルミーティング」ではなく、インパクトを最大化するために派手な舞台を選ぶはずだ。

そもそも、なぜ今なのか。

2020年の大統領選挙中バイデンは自らを次世代の民主党リーダーのための「懸け橋」となる候補と位置付けた。そのため大統領に当選したとしても、1期限りで終わるのではないかという臆測が広がった。

その点で再出馬をにおわせる今回の発言は、バイデンの心変わりを示唆しているように見える。

しかし、「懸け橋」発言は選挙戦で有権者に受け入れてもらい、ライバルの警戒心を解くための戦術だ。

過去40年間の政治闘争で傷つき、年老いた候補者ではなく、アメリカに未来をもたらせる候補者だとアピールするためのものだった。

つまり「懸け橋」発言は本気であれ方便であれ、抜け目ない政治的な一手だった。

再出馬の意向を献金者に伝えたのも同様の戦術だ。

大統領選勝利から1年間で支持率は41%まで低下した(トランプ前大統領の同時期の支持率は35%)。しかも、10月の消費者物価指数は前年同月比で6.2%上昇と31年ぶりの高い伸びを記録した。

物価上昇はほとんどの経済・政治問題以上に有権者のストレスとなり、大統領に非難が集中する。今の国民の大半が2%以上のインフレを経験していないとすれば、なおさらだ。

特に自動車大国アメリカはガソリン価格に敏感だが、バイデンの当選後62%も上昇している。

ほとんどのアメリカ人は国内の政治的分断や党派対立、民主党の内紛に深い懸念を抱き、課題に対処できないように見える政府に怒りを感じている。

さらにサプライチェーンの混乱が経済の足を引っ張っている。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米最高裁リベラル派のブライヤー判事退任へ=報道

ワールド

米、ロシアに安全保障巡る回答文書提示 国務長官「真

ビジネス

WTO、中国による対米相殺関税を承認 米は非難

ビジネス

カナダ中銀、金利0.25%に据え置き 近い将来の利

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中