ニュース速報

ビジネス

日産、今期3年ぶり最終黒字へ 世界販売計画は維持 

2021年07月28日(水)20時59分

7月28日、日産自動車は2022年3月期の連結業績予想を上方修正した。写真は日産のロゴ。英サンダーランド工場で1日撮影(2021年 ロイター/Phil Noble)

[東京 28日 ロイター] - 日産自動車は28日、2022年3月期の連結業績予想を上方修正した。純損益は600億円の黒字(前期は4486億円の赤字)となる見通し。北米市場での販売回復や為替の円安傾向が収益を押し上げ、3年ぶりの最終黒字となる。従来は600億円の赤字を見込んでいた。

今期の営業損益は従来予想のゼロから1500億円の黒字(前期は1506億円の赤字)に引き上げた。修正後の営業損益予想は、アナリスト21人による事前の市場予想(IBESのコンセンサス予想、1125億円の黒字)を上回った。

営業利益については、原材料価格の高騰が350億円押し下げるが、販売奨励金抑制といった採算改善などが1050億円、前提為替レートの変更が800億円それぞれ押し上げる。

足元の円安基調を受け、通期の前提為替レートは1ドル=108.4円(従来は105円)、1ユーロ=129円(同120.8円)に見直した。

今期の売上高予想は24%増の9兆7500億円に上方修正した。従来予想は15.7%増の9兆1000億円だった。今期の世界販売計画は従来通り440万台を据え置いた。

内田誠社長は会見で、半導体不足や新型コロナウイルス感染拡大の影響などリスクはあるものの、構造改革は「着実に進んでいる」と強調。業績予想引き上げの理由について「米国(販売)が非常に好転してきている。為替も良い形になっている」と述べた。修正後の今期収益予想通りにいけば、通期営業利益率目標(中国合弁会社比例連結ベース)の2%も「達成できる」と語った。21年4─6月期は3.8%だった。

半導体供給不足による生産への影響は従来通りの前提を維持した。上期に約50万台の影響が出ると見込み、このうち半分は下期に取り戻し、通期で25万台に抑える前提だ。

アシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は決算発表後、ロイターとのインタビューで、半導体不足の影響について「4─6月期に発生していたボトルネックの一部が解消し始めている」と説明した。ルネサスエレクトロニクスの半導体工場が再開し始めていることもあり、悪影響は緩和されるとの見通しを示した。

ただ、別の部品調達の制約も生じており、「誰もこの先のことはわからない」と指摘。7月以降の状況を見極めると話した。目下の課題は需要に応えられていないことで「どれだけ売れるかではなく、どれだけ多く(の車を)つくれるかだ」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコ

ビジネス

BofA、今後3年間の中国の経済成長率予測を下方修

ビジネス

OECD、今年の世界経済成長率を5.7%と予測 「

ワールド

リトビネンコ氏暗殺事件、ロシアが関与=欧州人権裁判

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫婦」の声

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 7

    ヒトの血や尿と火星のレゴリスからコンクリートのよ…

  • 8

    「最も高度な政治ゲーム」自民党総裁選のカギを握る…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    全米第4の大都市ヒューストンが「野生の王国」に?

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 9

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 10

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 5

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 6

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 7

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 8

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中