ニュース速報

ビジネス

OECD、今年の世界経済成長率を5.7%と予測 「支援策解除は尚早」

2021年09月21日(火)19時51分

 9月21日、経済協力開発機構(OECD)は、最新の経済見通しを公表し、世界経済は急ピッチに回復する見通しだが、インフレが進行しても各国政府・中銀は景気支援策を解除すべきではないとの認識を示した。写真はパリのOECD本部。2009年9月撮影(2021年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 21日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)は21日、最新の経済見通しを公表し、世界経済は急ピッチに回復する見通しだが、インフレが進行しても各国政府・中銀は景気支援策を解除すべきではないとの認識を示した。

今年の世界の経済成長率予測は5.7%。5月下旬の前回予測から0.1%ポイント下方修正した。来年の予測は0.1%ポイント上方修正し、4.5%とした。

世界の域内総生産(GDP)は新型コロナウイルス流行前の水準を回復したが、ワクチン接種率が低い多くの途上国では経済活動の低迷が続いているという。

20カ国・地域(G20)の平均インフレ率は、需要の回復やサプライチェーンの混乱を背景に、今年末にかけて4.5%でピークに達し、来年末には3.5%に鈍化する見通し。

OECDは、各国中銀に対し、金融緩和を継続するとともに、インフレ率の加速をどこまで容認できるか明確なガイダンスを示すべきだと主張。

各国政府に対しては、引き続き柔軟に景気支援策を実施し、短期的な見通しが不透明な状態が続く限り、支援策を解除しないよう求めた。

国・地域別の経済成長率予測は、米国が今年6.0%で、前回予測から1%ポイント近く下方修正。来年は3.9%で、0.3%ポイント上方修正した。

中国は今年8.5%、来年5.8%で、ともに前回予測から変わらず。

ユーロ圏は今年5.3%で、前回予測から1%ポイント上方修正。来年は4.6%で、0.2%ポイント上方修正した。

会見したOECDのチーフエコノミスト、ローレンス・ボーン氏は、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題について、中国政府には危機を抑制する力があり、全体への影響は限られるだろうと指摘。

「中国当局には、ショックを和らげる財政・金融面の力があると考えている。明らかに特殊な企業を除けば、影響はかなり限定的だろう」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

岸田政権は景気回復定着まで財政支援継続を=IMF高

ビジネス

IMF、今年のアジア成長率予想6.5%に引き下げ 

ワールド

中国は気候問題を重視、習氏のCOP参加有無はいずれ

ビジネス

J&J、21年利益予想を上方修正 コロナワクチン売

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中