ニュース速報

ビジネス

日経平均は小幅反落、前日の大幅高の反動で 好決算銘柄は買われる

2021年10月27日(水)16時07分

 10月27日、東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。写真は2020年10月、東京証券取引所で撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。米国株高という好材料がありながらも、日本株は前日の大幅高の反動があり、利益確定売りが優勢となった。ただ、国内での企業決算が本格化する中、好決算を材料視した物色は下支えとなり、日経平均は大引けにかけて下げ幅を縮小した。

26日の米国株式市場はダウとS&Pが最高値更新となりながらも、日本株は前日の大幅上昇で警戒感が生じ、売り優勢でスタート。一時、前営業日比235円76銭安の2万8870円25銭の安値をつけた。前場では一時プラス圏に浮上する場面がみられたが、その後は再びマイナス圏でのもみあいが継続する展開となった。

TOPIXは0.23%安の2013.81ポイント。東証1部の売買代金は2兆6240億7500万円。東証33業種では、海運業、空運業、電気・ガス業、情報・通信業などの24業種が値下がり。輸送用機器、食料品、保険業などの9業種は値上がりした。

市場では「いまのところ、株価は企業決算に素直に反応しているようだ。ただ、企業決算が本格化するなか、業種での選別が行われ、循環物色の動きが強くなりそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。

個別では、日本電産が反落し2.9%安。26日、2022年3月期の連結営業利益見通しを1900億円(従来予想は1800億円)へ上方修正すると発表したが、市場予想を下回ったため軟化した。

好決算銘柄は日東電工が7%超高、新光電気工業が14%超高となるなど業績予想を上方修正した銘柄の上昇が目立った。下方修正をしたキヤノンは5%超安となった。

その他、東京電力ホールディングスが大幅に反落し6%超安。2022年3月期通期業績予想は9期ぶりに最終赤字になる見通しとの一部報道が嫌気された。東北電力、中国電力は年初来安値更新となった。

東証1部の騰落数は、値上がり698銘柄に対し、値下がりが1391銘柄、変わらずが95銘柄だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 29098.24 -7.77 29056.01 28,870.25─29,139.22

TOPIX 2013.81 -4.59 2016.71 2,005.35─2,020.43

東証出来高(万株) 114411.00 東証売買代金(億円) 26240.75

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECBは政府と距離を、物価安定以外の目標は慎重に=

ワールド

国内初のオミクロン感染はナミビア外交官、同乗全員を

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月は前年比+4.9%で過去最大

ビジネス

S&P、新生銀の格付け見通しを「安定的」に下方修正

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中