ニュース速報

ワールド

シンガポール中銀が予想外の引き締め、物価上昇圧力の高まりで

2021年10月14日(木)14時28分

 シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は10月14日、市場予想に反して金融政策の引き締めを決定した。中期的に物価安定を確実にするための措置だと説明した。写真はMASのロゴ、2013年2月撮影(2021年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 14日 ロイター] - シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は14日、市場予想に反して金融政策の引き締めを決定した。中期的に物価安定を確実にするための措置だと説明した。

供給制約や世界経済の回復に伴いコスト圧力が高まる中、2018年10月以来3年ぶりに引き締めにかじを切った。

ロイター調査によると、エコノミスト13人のうち11人が政策の現状維持を予想。残り2人が小幅な引き締めを予想していた。

MASは金利ではなく、主要貿易相手の通貨に対してシンガポールドルを非公開バンドの中で上げ下げさせることによる為替レート設定を通じて金融政策を運営。「シンガポールドル名目実効為替レート(SドルNEER)」として知られる政策バンドの3つのレバー(傾き、中央値、幅)を通じて政策を調整している。

MASはSドルNEER政策バンドの傾き(上昇率)をこれまでのゼロ%から小幅に引き上げると表明。政策バンドの幅と中央値に変更はないとした。

DBSのシニアエコノミスト、アービン・シーア氏は、成長とインフレがリセッション的な状況から脱却しつつあることを受けた措置と解説。「経済のファンダメンタルズに沿った調整だ。成長とインフレ率に上振れリスクがない限り、一段の引き締めはないだろう」と語った。

MASは声明で、今回決定の「政策バンド上昇の道筋は、景気回復へのリスクを認識しつつも、中期的な物価安定を確実に図る」狙いがあると表明した。

MASは今年の国内総生産(GDP)成長率が6─7%になり、2022年は伸び率が鈍化するもののトレンドを上回るとの見通しを示した。この日発表された第3・四半期GDP速報値は前年同期比6.5%増だった。

コアインフレ率については、来年は1─2%に上昇する見込みで、中期的に2%に迫ると予想した。

今年のコアインフレ率は、0─1%の予想レンジの上限付近になると見込んだ。同指標は8月に約2年ぶりの大幅な上昇を記録した。

シンガポールドルは中銀の発表を受けて、対米ドルで一時0.3%急伸し、3週間ぶり高値である1米ドル=1.3475Sドルを付けた。その後はやや押し戻され、1.3490Sドルとなった。

バンク・オブ・シンガポールのアナリスト、モー・シオン・シム氏は、政策変更は「タカ派的サプライズ」だったが、Sドルの抑制に十分なほど小幅なものだったと指摘。「政策正常化に向けてわずかに進み始めた形だが、世界のインフレの動向を踏まえると妥当だ」と述べた。

OCBC銀行の国債調査・戦略部門責任者、セレーナ・リン氏は「2022年の景気とインフレ率の見通しは明らかに楽観度が増しており、中銀は労働コストを含め、国内と海外から持ち込まれたコスト上昇圧力を重視しているようだ」と指摘した。

「中銀が、ワクチンに耐性がある(新型コロナウイルスの)変異株の出現や世界経済の深刻な緊張要因に短く触れた以外は、下振れリスクに関する警告を全て削除したのも予想外だった」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国は気候問題を重視、習氏のCOP参加有無はいずれ

ビジネス

J&J、21年利益予想を上方修正 コロナワクチン売

ワールド

北のミサイル、1発はEEZ外に落下 SLBMの可能

ワールド

ビル・ゲイツ氏、グリーン技術への投資で英政府と連携

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中