ニュース速報

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が犯行声明

2022年01月18日(火)06時43分

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで17日、燃料トラック3台が爆発し3人が死亡したほか、アブダビ空港近くで火災が発生した。無人機(ドローン)攻撃とみられ、イエメンの親イラン武装組織フーシ派が犯行を主張した。2020年4月撮影(2022年 ロイター/Christopher Pike)

[ドバイ 17日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで17日、燃料トラック3台が爆発し3人が死亡したほか、アブダビ空港近くで火災が発生した。イエメンの親イラン武装組織フーシ派の軍事報道官は、ドバイ空港およびアブダビ空港や石油精製所などに弾道ミサイル5発と「多数の」無人機を発射したと発表した。

UAE外務省は声明で「フーシ派による領内の地域および民間施設へのテロ攻撃を非難する。決して許されることではない」と表明。「UAEにはこれらの攻撃や犯罪が激化することに対応する権利がある」とした。

UAEの国営メディアによると、ブリンケン米国務長官はUAEのアブドラ外務・国際協力相と電話会談し攻撃を非難。サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、ホワイトハウスはフーシ派の責任追及に努めるとした。

アブダビ警察によると、アブダビ国営石油会社(ADNOC)の施設周辺で燃料タンクローリー3台が爆発し、3人が死亡、6人が負傷した。死亡したのはインド人2人、パキスタン1人という。

ソーシャルメディアの映像では同施設周辺から黒煙が立ち上る様子が映された。警察は同地域に向かう道路を閉鎖した。

アブダビ警察は「初動捜査では、両現場で無人機(ドローン)とみられる小型航空機の部品が見つかっており、これが爆発と火災を引き起こした可能性がある」と発表した。アブダビ警察はミサイルに関して言及していない。

UAEのエティハド航空の広報担当者は、アブダビ空港では「予防措置」のために少数の航空便に一時的な混乱が見られたが、すぐに通常の運航が再開されたとした。

フーシ派の広報担当者は「UAEの深部」で軍事作戦を開始したと発表。フーシ派の交渉責任者が「イエメンへの干渉」を巡りUAEにけん制したという。

UAEの政治アナリストは、フーシ派による攻撃が確認されれば、UAEおよび湾岸諸国とイランとの対話が頓挫する可能性があると述べていた。

サウジアラビアとバーレーンは「卑怯なテロリストによる」攻撃と非難。イラン当局は現時点でコメントを発表していないが、イランのタスニム通信は「重要な作戦」だと報じた。

国連のグテレス事務総長の報道官によると、グテレス事務総長は攻撃を非難した上で、「全ての当事者に最大限の自制を求め、地域の緊張が高まる中で事態を悪化させないよう」呼び掛けた。

フランスのルドリアン外相は、今回の攻撃は地域の安定性を脅かすと述べた。

ロイターの目撃者によると、UAEへの攻撃があった後、サウジアラビアが主導する連合軍が17日、サウジに向けて発射された無人機8機を迎撃し、その後、フーシ派が拠点としているイエメンの首都サヌアに空爆を実施。関係者によると空爆で死者が出たという。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ビジネス

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中