コラム

国家別サイバーパワーランキングの正しい見方

2021年07月15日(木)17時15分

サイバー空間における国家の能力を評価する方法が定まっていない...... gorodenkoff-iStock

<各国のサイバーパワーの実態を把握することは重要だ。最近、公開された3つのレポートを例にサイバー空間における能力の評価=サイバーパワーランキングの課題をご紹介する>

サイバー空間はインフラとなり、安全保障、経済、交通、教育などさまざまな分野でなくてはならない存在となっている。サイバーパワーの活用、防衛、攻撃は国家の重要な課題となっていると言っても過言ではないだろう。しかも活用されていればいるほど、攻撃あるいは事故が起きた時の被害も甚大となるため、活用と防衛は一体と言える。さらに効果的な防衛を実現するためには攻撃に関する情報と能力も不可欠となる。

そのため活用、防衛、攻撃をバランスよく発展させる必要がある。バランスを取るためには自国の相対的な能力水準を把握する必要があるが、それが難しい。サイバー空間における国家の能力を評価する方法が定まっていないのだ。最近、公開された3つのレポートを例にサイバー空間における能力の評価=サイバーパワーランキングの課題をご紹介したい。

Global Cybersecurity Index 国際電気通信連合(ITU)
National Cyber Power Index ハーバード大学ベルファーセンター
Cyber Capabilities and National Power 国際戦略研究所(IISS)

これらはいずれも国家のサイバーパワーについてなんらかの基準に基づいてまとめている。しかし、表をご覧いただくとわかるように、評価方法、項目、方法論がかなり異なっており、結果も異なる。そのため使い方には注意が必要だ。

ichida20210715b.jpg

それぞれのレポートの国家ランキングの表を見るとわかるようにアメリカ、イギリスなどは共通して上位にあるが、それ以外は異なっている。似ているのはサイバーパワーについてまとめている点だけで、実は方法論や内容はだいぶ違う。では、どれが一番実態に即していて使えるものなのだろうか?

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大の一部社債保有者、9月23日期限の利息受け

ワールド

香港のコロナ「感染ゼロ」政策、金融ハブの地位損なう

ワールド

中国国家主席、テロや気候変動などで国際協力の強化呼

ビジネス

午前の日経平均は反落、米ハイテク株安が重し 衆院選

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中