コラム

外交特権やイスラム文化施設まで利用する、知られざるイランの対外秘密工作

2021年02月27日(土)14時30分

アサディの公判中にNCRI指導者の写真を掲げるイラン反体制派 AP/AFLO

<イランを伝統的な親日国とみなしてきた日本の政策は再考するべき局面に差し掛かっている>

ベルギーの裁判所は2月、オーストリアの首都ウィーンに駐在していたイラン人外交官アサドッラー・アサディに対しテロ計画の罪で禁錮20年の判決を下した。

外交官はウィーン条約の下、主権国家の代表としてさまざまな特権を享受している。検察がイラン情報省の工作員とみているアサディ容疑者は、2018年からベルギーで収監されているが、外交特権による保護を主張し出廷を拒否した。

アサディは18年6月、パリ郊外で行われたイラン反体制派「イラン国民抵抗評議会(NCRI)」の10万人規模の集会を狙ったテロ計画で、イランから空路、外交行嚢(こうのう)に起爆装置と爆薬を入れてオーストリアに持ち込み、ルクセンブルクのピザハットでイラン系ベルギー人のカップルにそれを渡し、その後、外交特権適用外のドイツで拘束された。

外交行嚢の中身は他国による確認や開封を免れるのも外交特権の1つだ。17年2月にマレーシアで金正男(キム・ジョンナム)暗殺に使用された毒物VXも、外交行嚢を用いて持ち込まれた疑いが持たれている。

検察は判決後、アサディに当該罰を免れる特権はないという点と、テロ計画はアサディ個人ではなくイラン政府の主導によるという点を強調した。判決は、イランが国家主導で在外公館と外交特権を利用し目障りな反体制派をテロで抹殺しようとしていた、と認定されたことを意味する。NCRIは判決後、イランはテロを国家戦略として用いていることが証明されたと述べた。

イラン外交官7人がEUから追放

アサディはEU圏内で、テロ容疑で訴追され有罪判決を受けた初のイラン人外交官だ。しかし15年と17年にオランダで発生した2つの殺人事件、18年にデンマークで起きた暗殺未遂事件など、これまでもイラン反体制派が標的とされた複数の事件でイラン人外交官や工作員の関与が疑われてきた。

15年から19年の間にEUから追放されたイラン人外交官は7人に上る。追放だけで済まされてきたのは、ウィーン条約だけではなくEUの対イラン宥和政策によるところも大きい。

アサディに対する訴追と有罪判決は、そこからの転換を象徴する出来事だ。EU諸国では既に、議員たちが各国政府に対しイランの在外公館を閉鎖するよう要請する動きも見られる。

ワシントン近東政策研究所のメフディ・ハラジは、イランは在外公館だけでなく、外国にある文化的ネットワークも諜報目的に利用していると指摘する。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。イスラム教という切り口から国際情勢を分析している。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中