コラム

日本のリベラルメディアは和平が嫌い? 中東の新時代を認めたくない理由

2021年07月21日(水)12時00分
イスラエルのラピド外相(左)とUAEのアブダッラー外相

イスラエルのラピド外相(左)とUAEのアブダッラー外相 WAMーHANDOUTーREUTERS

<イスラエルとUAEは確実に和平と多様性への道を進んでいる。だが、日本のリベラルメディアはなぜかそれを頑なに認めたがらない>

イスラエルのラピド外相は6月29日、アラブ首長国連邦(UAE)を訪問し、イスラエル大使館開設式に出席した。昨年9月に米トランプ政権(当時)の仲介で両国が国交を正常化して以来、両国関係の進展は目覚ましい。政治・外交関係だけでなく経済、文化的な交流、そして医療や農業、教育、通信、技術、エネルギー、観光など多くの分野において協力関係が構築され、投資も進められている。

しかし日本のメディアはイスラエルとアラブ諸国の関係正常化が気に入らないようだ。5月のイスラエルとハマスの軍事衝突で、時事通信は「イスラエルが進めてきたアラブ諸国との和平路線にも打撃となったのは確実」、朝日新聞は「アラブ諸国に冷や水」と両者の和解を否定し、朝日は今回のラピドのUAE訪問についても「(パレスチナ問題よりも)経済関係の実利を優先」と批判的に報じた。

一方、ラピドとUAEのアブダッラー外相は7月、UAE紙に共同で寄稿した。「UAEとイスラエルの和平は単なる合意ではなく、生き方そのもの」というタイトルで、冒頭には次のようにある。

「世界はわれわれの差異がわれわれを定義することを期待してきた。われわれのうち1人はユダヤ教徒でもう1人はイスラム教徒、1人はイスラエル人でもう1人はアラブ人だ。こうした特徴はわれわれを人間として形作ってきただけでなく永遠の疑問を投げ掛けてきた。過去が未来を決めるのか、それともわれわれの運命はわれわれ自身に委ねられているのか」

協調と対話で平和を実現していく

この自らの疑問に対し、2人はこう答える。

「両国は2020年に国交正常化したことにより、これまでとは違うやり方を選択し中東地域の新しいパラダイムをつくっていこうと決めた。それは両国民の平和、安定、安全、繁栄、共存を共に追求するというもの。われわれは来るべき世代のためによりよい未来を育むべきであり、彼らのために平和な世界をつくるチャンスを逃してはならない」

中東、特にイスラエル・アラブ関係を規定してきた差異、対立、憎悪ではなく、協調と対話で平和を実現していくべきだ、という彼らの新しいパラダイム像は明白だ。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。イスラム教という切り口から国際情勢を分析している。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反落、米ハイテク株安が重し 衆院選

ワールド

中国、「共同富裕」実現に向け税制改革を強化へ=新華

ビジネス

EUが豪とのFTA交渉再延期 仏との関係悪化が背景

ワールド

米カリフォルニア州、「爆弾低気圧」で鉄砲水に警戒

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中