コラム

コロナ予防でひどい風邪が流行し、クリスマスは9月に始まった

2021年10月21日(木)16時30分

現在のイギリスの「ガソリン不足」は、実のところ供給の問題だ。ガソリンを運搬するための大型トラック運転手が不足している。ブレグジット(イギリスのEU離脱)で「残留支持派」だった人々は、ブレグジットが大惨事を招くことがついに「証明された」と得意顔だ。数多くの欧州出身のトラック運転手がブレグジット以降にイギリスを離れたのは、明らかに原因の1つといえる(唯一の原因ではないが)。その一方で、ブレグジットよりもさかのぼって原因を挙げることもできる。20年前、当時の首相だったトニー・ブレアは、イギリスを「国民総大卒」の国に変えた。今や、熟練の労働者の数は圧倒的に不足しているのに、「社会学の学位を持つバリスタ」はあふれるほどいる。

僕は気に入らないのだが、ブレアの長男ユアンが1億6000万ポンド(約240億円)の資産を保有しているとの記事を最近読んだ。この資産のほぼ全てが、自身が起業したテック企業から得られたもので、この企業は職人見習いの仲介会社数社とつながりがある。

彼は市場のギャップを見て取った──若者は、何万ポンドも借金して無価値な大学学位を得るよりも、良いキャリアにつながるであろう価値あるスキルを学ぼうとするのではないか。イギリス人の半分が大学に行くことになるという決定、そしてそうした大卒者みんなに大卒にふさわしい内容と給料の職業が確保できるはずだという狂った想定、さらには水道配管工やトラック運転手が慢性的に不足するといったマイナス面は起きるはずがないという思い込み......父ブレアが主導したこれらの結果によってユアンの財産が築かれたというのは、ひどく皮肉な話だ。

9月なのにクリスマスフード

今年の9月半ばは、イギリスの基準で言えば本当に暖かかった。真夏のようだった。そんななか、ミンスパイとピッグス・イン・ブランケット(ソーセージのベーコン包み)がさまざまな店の棚に並んでいるのを見て僕は驚いた。これらはクリスマスの食べ物だからだ。3カ月も先、クリスマスの時だけに食べられるもの。多くのクリスマスフードは「体を暖めるメニュー」だから、冬らしい季節にこそふさわしい。日焼け止めを塗るような日にミンスパイを食べるというアイデアは、なんとも奇妙だった。ピクニックの食べ物とは対極にあるはずなのだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

マリウポリ製鉄所の残存兵約260人が投降、ウクライ

ワールド

G7とEUの凍結資産活用計画、ロ大統領府「明白な窃

ビジネス

ロシア原油生産、4月に約9%減=OPECプラスデー

ビジネス

ECB、7月の50bp利上げの可能性排除せず=オラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカーの衝撃ビジュアルが話題に

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 6

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 7

    ロシア兵は突如、11歳の少女の「あごに発砲した」...…

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中