コラム

イギリスでコロナ禍がむしばんだもの

2021年10月05日(火)14時15分

最後の懸念は、イギリスの国民保険サービス(NHS)についてだ。欠点はあるものの、NHSはかなりまっとうで民主的。富める者も貧しい者も、重い病気にかかったり手術が必要だったり脚の骨を折ったり、単に抗生剤が必要なときは、医師の診察を受けて1ペニーも払わずに治療をしてもらえる。費用がかかるのは処方薬の代金だけ(それも同じ薬を市販薬で買うのよりかなり安い)。

多くの人々がNHSの愚痴を言うが、心の奥ではNHSの利点をよく理解している。たとえば、富裕層でさえカネを払ってNHS以外の自由診療を受けるのはあまり意味がないと思っているくらいだ。国外で病気になり、NHSで費用の心配をせずに信頼できる治療を受けたいからと、わざわざイギリスに帰国してきた人も何人も知っている(僕もその1人だった)。

残念ながら、パンデミックの負担増大によってNHSは今やほとんど機能していない。僕は以前に医師の診察予約がなかなか取れなかった話を書いたことがある。珍しくもなければ極端でもない事例だから、イギリス人相手ならあんな出来事は話そうとも思わない。百回以上もリダイヤルし続けてそれでも診察予約が取れないと言う話は日常的に耳にする。

癌の治療が延期に次ぐ延期になったり、診察を逃したなどという、もっと深刻な話もよく聞く。ここ1年以上、医師と「対面で」診察を受けたという人はほとんどいない。ほとんどがZoomか電話診療で、特に高齢者は安心できないことだろう。

パンデミックの間に人々は、感染拡大を防ぎ「NHSを守る」ためにステイホームを、と呼びかけられた。今になって人々は疑問を口にし出している。NHSは私たちを守ってくれるはずじゃなかったのか?

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

国連人権高等弁務官の新疆訪問を歓迎、調査ではない=

ビジネス

伊ウニクレディト、21年決算は予想上回る 第4四半

ワールド

中国当局、外国銀行幹部と会合 経済巡る懸念払拭に向

ビジネス

訂正:ソフトバンクG、クラウレCOOの退社を正式発

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 4

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 5

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 6

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 7

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 8

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 9

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 10

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中