コラム

ジャーナリズムは時に盛大に間違える

2021年11月29日(月)14時30分

ジャーナリズムが滑稽なほどに間違っていることはある Neil Hall-REUTERS

<ソ連は崩壊せず歴史は後退する? 英メイ首相が総選挙で圧勝する? 今思い返せば滑稽なほどの誤報だった記事の数々>

僕はジャーナリストとしてのキャリアを始めるずっと以前から、ジャーナリズムに興味を持っていた。興味を引かれる要素の1つは、ジャーナリズムによって語られる話が単純に間違っているだけでなく、盛大に、時には滑稽なほどに間違っているからだ。友人や同僚とそうしたエピソードをよくネタにするし、特に「切り抜いて取っておけばよかった」と思うような間違いは話すのも聞くのも楽しい。

たとえば、かなり昔、1991年のばかげたほどに間違ったあの記事は今でもよく覚えている。ロシア政府内の強硬派グループが、改革派のゴルバチョフに対してクーデターを起こしたのだが、その記事は、これでソ連がグラスノスチとペレストロイカ以前の時代に逆戻りしてしまいそうだと警告していた。そしてソ連政府高官たちは、クーデターで見せつけたのと同じ「冷酷なまでの狡猾さ」で統治するようになるだろう、と。

その後すぐに、クーデター計画がいかに無謀だったかが判明して記事が完全に間違いだったことが分かったので、これはほとんど笑い話で終わった。全てはかっきり3日間で潰され、読者が新聞の束を捨てるよりも先に、当該記事は完全なる誤報になった。僕がこの件に興味を抱いた大きな理由は、じわじわとソ連崩壊へと向かいつつあった巨大な社会的・経済的動きを筆者が全く考慮に入れていなかったこと。筆者は、ほんの数人の集団が時計の針を1977年に戻せるとでも考えていたようだった。

ロシア人移民がノルウェーに?

おもしろいことに、僕の友人の1人が気に入っている間違い記事もまた、ソ連崩壊がらみのものだ。ある新聞が、大勢のロシア国民が経済的苦境と大混乱に陥るだろうと予想したが(これは正しかった)、より具体的な内容に踏み込んで、大規模な国外脱出が起こるだろうと断定し、さらに具体的に、膨大な数の飢えたロシア人移民がノルウェーのある小さな町に押し寄せるだろうと報道した。

たぶん、ロンドンにいる編集者たちが地図を見て、(北極圏のかなり上のほうで)ロシアがノルウェーと国境を接していることを知って驚き、ここから西側諸国に渡るのでは、と疑問を口にした、という流れなんじゃないだろうか(僕の友人によれば、ずっと長い国境を接していてより渡りやすいフィンランド国境ではなくて、あえて何百キロも遠く離れた極北の地をロシア人たちがなぜ、いかにして目指さなければならなかったのか、という点は記事に書かれていなかったらしい)。言うまでもないが、これは現実にはならなかった。キルケネスというこの小さな町の名が有名になることはなく、でも僕と友人がその名を知っているのは、この記事のためだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米最高裁リベラル派のブライヤー判事退任へ=報道

ワールド

米、ロシアに安全保障巡る回答文書提示 国務長官「真

ビジネス

WTO、中国による対米相殺関税を承認 米は非難

ビジネス

カナダ中銀、金利0.25%に据え置き 近い将来の利

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中