コラム

「金融所得課税」騒動に潜む、資産形成・お金の習慣のヒント

2021年11月18日(木)17時50分
岸田文雄首相

Hannah McKay-Pool-REUTERS

<富裕層に対する増税を狙った岸田政権だが、実際には中間層への大増税となるため、国民からの反発は必至だった。この話に「引っかかり」を感じるかどうかが、経済的に成功できるかどうかの別れ道となる>

岸田政権が所得分配の財源として提唱した金融所得課税が暗礁に乗り上げている。この増税案は富裕層課税の一貫として検討されたものだが、実は中間層にとっても大幅増税となってしまう。国民の反発が大きいと判断し、棚上げが決まった(岸田政権は税制改正大綱に今後の検討課題として明記し、引き続き導入の可能性を探っている)。

政治的にはそれだけのことなのだが、個人の資産形成という観点でこの出来事を眺めてみると、多くの示唆が得られる。今回のコラムでは、金融所得課税を通じて、どうすれば有利に資産形成できるのか考えてみたい。

金融所得課税というのは、具体的には株式の売却益や配当、債権の利払いなどに対する税金のことである。金融商品は市場で売買されるものであり、市場というのは常にフェアでなければ適切な運営はできない。

例えば、金融商品に関する税率が保有者によって異なる場合、当然のことながら人によって投資行動が変わってくる。市場参加者は自分以外の参加者の税金面での状況など知りようがないので、市場の値動きが不安定になり、価格形成に歪みが生じてしまう。

税金が全員にとって平等であれば、売買の決断はすべて市場要因だけに絞られるので、価格形成の透明性は格段に高まる。

こうした事情から、金融商品に関する税金は全参加者にとって平等であることが大原則となる。したがって株式の売却益や配当に関する税金は、基本的に一律20%に設定されている。

一方で所得税など所得にかかる税金というのは平等ではない。日本の場合、所得税はかなりの累進課税となっており、高額所得者になると税制面では著しく不利になる。

日本は他の先進諸外国と比較して高額所得者の数が極めて少ないという特徴があるが、その理由は、年収を上げすぎると税金ばかり増えてしまい、可処分所得の面で不利になってしまうからだ。

極端な累進課税が設定されている所得税と、公正な市場運営の観点から平等源則が貫かれている金融所得課税には大きな隔たりがあり、こうした税制面での不整合というのは、仕組みをよく知る人にとっては強力な武器となる。

年収10億円は年収1億円より所得税率が低い

同じ金額であっても、給与や役員報酬として受け取れば税金が増え、一方で投資の対価として受け取った場合には、状況にかかわらず税率は一定となる。ルールがそうなっている以上、給与を増やすよりも、投資収入を増やした方が個人的には有利になってくる。

岸田氏は金融所得税強化を打ち出した際、「1億円の壁」という言葉を使った。これは所得税と金融所得課税を総合すると、本来、極めて高い税率がかかるはずの年収1億円以上の富裕層の税率がそれほど高くなっていないことを意味する言葉である。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中