コラム

映画で生き返る光州抗争

2018年04月11日(水)15時30分

国立5・18民主墓地にあるドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーターの墓 photo; Kashima Miyuki

<1980年5月にあった光州民主化抗争を題材にした映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』が韓国で大ヒット。そして、その光州を訪れた>

昨年11月、韓国西南部にある全羅南道・光州に足を運んだ。

これまで数え切れないほど韓国を訪問しているが、その度に実感するのは街や社会に「消せない歴史」が存在して生きているということだ。

歴史的建造物が保存されているといった話ではなく、近現代史が過去のものとして完結せず、現在につながり継続していることを肌で感じるのだ。初訪問となった光州でのそれは特に顕著なものだった。

光州は国内5本指に入る都市で、全羅道の中心地だ。韓国の人々は「光州」と聞くと、1980年5月にあった光州民主化抗争を思い浮かべる。

1979年に朴正煕大統領が暗殺されたことで軍事政権が倒れ民主化ムードに沸くなか、全斗煥がクーデターを起こした。反発した学生たちによるデモが起きたが、特に抵抗の激しかった光州で、軍部と警察によって多くの学生・市民が犠牲になった事件だ。日本では「光州事件」と呼ばれている。

光州の「消せない歴史」を報じたドイツ人記者

事件当時、現地は完全封鎖され、国内では「光州で北朝鮮工作員の扇動による暴動が起き、軍人数人が死亡した」と報道されたが、実際には民間人140人以上を含む200人近い人々が犠牲となった。

市内から車で20分ほどの場所にある犠牲者のための「国立5・18民主墓地」のメインエリアから少し外れた場所に、ドイツ人の写真が刻まれた墓石がある。名前はユルゲン・ヒンツペーター。ドイツ公共放送ARDの東京特派員だった人物で、1980年当時、生々しい映像を通じて光州抗争の実態を世界に発信した記者の一人だ。2016年に他界した彼の遺言によって、遺体の一部である爪と髪の毛と遺品がここに埋葬されたという。

国内メディアへの統制が厳しかったため、光州抗争の実態を初めて世に報道したのは、主に東京に拠点を置く外国のメディアの特派員たちだった。最初にスクープしたのはニューヨークタイムズ。そしてヒンツペーターが撮った生々しい映像は、瞬時に欧州や米国など世界中で報じられたが、この映像が韓国内で合法的に誰もがみられるようになったのはずいぶん後のことだ。

現在、光州では光州抗争の跡地を巡る市バスが街中を走り、逮捕された人々の収容所を再現した施設が建てられ、そして街のいたるところに光州抗争に関するスローガンが掲げられている。人々がいまなお「リメンバー光州」を訴えるのには、歴史の真実をゆがめられたことが背景にあり、それは歴史を過去の話として切り離すことができずにいる理由でもある。

光州抗争を描いた映画が韓国で大ヒット

昨年8月、韓国でヒンツペーターの経験を描いた映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』(監督:チャン・フン、出演:ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン)が公開された。映画の撮影が始まったのは光州抗争をタブー視した朴槿恵政権時の16年6月。

奇しくも映画公開を前に朴槿恵は弾劾され、進歩勢力の文在寅が大統領に就任した。主演のソン・ガンホは朴槿恵政権下で反政権的な文化人としてブラックリストにアップされた俳優だ。日本ではこの4月21日から公開される

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はコラムニスト、翻訳家として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中