コラム

「月給50万円でも看護師が集まらない」医療逼迫下、日本でも「命の選別」は始まっている【コロナ緊急連載】

2021年01月11日(月)10時27分

危機モードのロンドン──1日の新規感染者数が6万人を突破したイギリスと日本の共通点は(1月8日)  John Sibley-REUTERS

[ロンドン発]3度目のロックダウン下にあるイギリスでは、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が1日当たり6万人を突破し、死者が累計で8万人を超えた。

米SFテレビドラマ『宇宙大作戦』に登場するミスター・スポックのように、いつも沈着冷静な英イングランド主席医務官のクリス・ホウィッティ氏が悲壮感を漂わせながら英日曜紙サンデー・タイムズで「冬の病院は常に逼迫するが、いくつかの地域では最大の危機に直面している。感染爆発を抑えるため外出せず不必要な接触を避けよ」と訴えた。

「世界の8割おじさん」こと感染症数理モデルのスペシャリスト、インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授も同紙に「コロナによる入院患者はさらに10~20%増え、新たな死者が2万人出るのを避けるのは難しい状況だ」と死者10万人超えの見通しを語る。ロンドンでは先週、30人に1人が新たに感染し、すでに第1波と第2波で人口の25~30%が感染したという。

原則無料で医療サービスを提供する英国民医療サービス(NHS)の病院関係者は筆者に「ロンドンでは陽性の入院患者は春のピーク時より30%多く、6400人が入院中だ。集中治療室(ICU)のキャパシティーは現在1500床。今週には2000床必要になる。一番感染が広がるロンドン東部のバーキングでは25人に1人が陽性だ。山場は今週に来る」と語る。

コロナ入院患者はイギリス全体で現在3万559人。昨年春の最悪期の4割増しだ。英医師会のチャンド・ナグプール会長は会員への書簡で「コロナに感染した病院のスタッフは4万6000人を超えた。現在の救命救急治療の需要さえも管理するのに苦労している。そこにさらなる圧力が加わっている」と危機的な状況を報告した。

生命の選別を意味する緊急トリアージが始まった

ロンドンのサディク・カーン市長は8日、「ロンドンでの新型コロナウイルスの感染爆発は制御不能である」としてテロや大規模火災の際に出される「重大事案」を宣言した。「制御不能」とはどんな状況なのか。インペリアル・カレッジ・ロンドンのカタリーナ・ハウク博士はロンドンの病院の状況をこう語る。

「ロンドンの病院は圧倒されている。病院は一般病棟を急きょ救命救急病棟にしてコロナ患者収容のキャパシティーを増やした。スタッフは残業している。しかし悲しいことに一部の病院は現在、集中治療を必要とするすべての患者の緊急トリアージについて英国立医療技術評価機構(NICE)のガイダンスに従うことを余儀なくされている」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

ワールド

焦点:韓国と北朝鮮の「軍拡最前線」、兵器展示会でつ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中