コラム

「香港はディアスポラ。既に10万人が英国にいる」中国から指名手配される活動家サイモン・チェン

2021年07月07日(水)11時10分
サイモン・チェン

元在香港英国総領事館職員のサイモン・チェンは英国に逃れてきた香港市民を支援する団体を設立した COURTESY OF SIMON CHENG

<香港市民に英国永住への道を開いた英国で、香港人たちを支援するサイモン・チェン。元在香港英国総領事館職員の彼は「台湾統一への誤ったシグナルを送るな」と警告した>

※もう1人の在英活動家、羅冠聡(ネイサン・ロー)のインタビューから続く:「一国二制度は終わったが、独裁は永遠に続かない」英国に亡命した香港民主活動家、羅冠聡インタビュー

2019年8月、中国公安当局に2週間以上拘束され、その後英国への政治亡命が認められた元在香港英国総領事館職員サイモン・チェンも国安法違反容疑で指名手配されている。

「有名でも活発な民主派でもなかったが、スパイ容疑をかけられ、身に覚えのない買春を自白させられた。海外に逃れ、活動に転じたことに悔いはない」と、筆者の取材に答えた。

チェンはメディアやフォーラムで香港での弾圧を訴える一方で、英国に逃れてきた香港市民を支援する団体「英国港僑協会」を創設した。

定住、メンタルヘルスから、英語学習など教育、履歴書の書き方など就労に至るまでサポートを提供している。親交を深めるためロンドンツアーも行った。英語クラスには200人から申し込みがあったという。

会員制は取っていない。万一、個人情報が漏れると中国に弾圧される恐れがあるからだ。

同協会の憲章でチェンは「香港はもはや単なる都市ではなく、ディアスポラ(離散した人々)であり、常に共通の文化的価値観を保ち、実践している」と宣言している。

英国は今年1月末、香港市民に英国永住への道を開く特別ビザ申請の受け付けを開始した。

特別ビザ申請は1997年の香港返還前に生まれた約290万人の英国海外市民(BNO)資格を持つ香港市民とその家族に認められ、英内務省によると3月末時点で3万4300人が申請した。

チェンは「既に10万人が香港を逃れて英国にいる」と試算する。

英政府は香港市民の定住を支援する歓迎プログラムに4300万ポンド(66億円)を充てる。

「英国は香港市民に最も優しい国だ。だが国安法でパスポートや渡航書類が没収されると香港から脱出できなくなる。パンデミック(世界的大流行)を口実に英国から香港への航空便も停止された」とチェンは言う。

4月には香港立法会で移民法が可決され、施行開始となる8月からは当局が入出境制限に絶対的権限を持つようになる。

「香港に出入りするのが好ましくないと当局が判断すれば誰でも止めることができる」

8月までにさらに多くの香港市民が英国に逃れることが予想されるため、当局は監視を強化しているとチェンは分析する。

「脱出するチャンスが完全に奪われることを一般市民は恐れている。頭脳流出や資本逃避の防止、金融都市の地位を守るためなど口実はいくらでもある」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中