コラム

コロナ再流行、ワクチン接種義務化の是非をめぐり暴動が吹き荒れる欧州

2021年11月22日(月)16時13分
ブリュッセルの反ワクチンデモ

警察の放水銃から逃げる反ワクチンのデモ参加者たち(11月21日、ブリュッセル) Twitter/@jordynuyts/REUTERS

<何も対策を取らなければ欧州では3月までにあと50万人が死ぬと言われるが、ワクチン接種もマスク着用も上から押し付けられるほど人々は不信感を抱き、怒り、逃げ道を探す>

[ロンドン発]「隷属より自由を」――ベルギーの首都ブリュッセルで21日、コロナの再流行を抑えるため飲食店でワクチンパスポートの提示が義務化されることに反発した若者ら約4万人が街頭に繰り出した。一部が暴徒化して警官隊と衝突、42人が拘束され、2人が逮捕された。また警官3人が負傷、デモ参加者1人が手に持っていた花火でやけどした。

現地からの報道をまとめると、若者たちはオランダ語圏のフラマン民族主義や「自由のために団結しよう」と訴えた旗を振りかざし「ヤツらは世界中でワクチン接種を展開しても、飢餓は放ったらかしだ」と書かれたプラカードを掲げた。一部の若者が発煙筒や火炎瓶、レンガを投げ始めたため、警官隊は催涙弾や放水で応戦した。

ベルギーでは同日、コロナの新規感染者数が1万3836人に達した。レストランやバーでは入店時にワクチン接種や陰性の検査結果、感染からの回復を証明する「パスポート」を提示しなければならず、店内では着席していない限りマスク着用が義務付けられる。週4日以上は在宅勤務になるなどコロナ対策が強化された。医療従事者の接種義務化の計画もある。

3人に1人が未接種というオーストリアも再流行に苦しめられている。22日から最大20日間の予定でロックダウン(都市封鎖)に入る。来年2月から他国に先駆け接種を義務化する方針だ。同国のアレクサンダー・シャレンベルク首相は「デタラメな反ワクチン派、偽ニュースのため、多くの人が接種しないよう扇動された」と語る。

首都ウィーンでは20日、極右グループを中心に約3万人がデモに参加、新たなコロナ対策や接種義務化に抗議して一部が暴徒化し、警官5人が負傷した。デモ参加者の中には医師をあざ笑うかのように医療用スクラブを着ている人もいれば、ナチスがユダヤ人にバッジを強制的に着けたことから黄色い星のバッジを着ける人もいた。

極右グループはオーストリア国旗を打ち振り「レジスタンス!」と叫んでホイッスルを吹き鳴らし、レストランやクリスマス市、スポーツイベントなどの入場に「パスポート」提示を義務付けることに抗議した。黄色い星に「ワクチン未接種」の文字を縫い付け、ロックダウンや接種義務化をナチスの残虐行為と並べてみせた。

オランダでは警官がデモ隊に向け発砲

オランダのロッテルダムでは19日、ワクチンパスポートを導入する政府のコロナ対策への抗議活動が暴徒化した。石や花火を投げるデモ参加者に向け、警官隊が発砲、3人が被弾して負傷した。パトカーに火が放たれ、警察は51人を逮捕した。約半数が未成年者だったという。抗議活動はオランダ各地に広がり、3日間にわたって続いた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中