コラム

「最も高度な政治ゲーム」自民党総裁選のカギを握るあの人物

2021年09月18日(土)11時44分

「野田氏立候補」の影響をどう読むか

岸田派(宏池会)を除く各派閥は今回の総裁選にあたり「自主投票」または「複数候補を支持」することを認める緩やかな策をとっており、また推薦人として名を出すことにはそれなりの覚悟がいることから、各議員の「信念」に基づく推薦行為だという説明がまずはあり得る。

また、野田氏の立候補は、党員票に限定して考えると実は同じ「女性総裁候補」である高市氏と票を分ける効果の方が高いとする説もあれば、二階幹事長と野田幹事長代行の間の信頼関係を重視する説、あるいは竹下派(平成研)参議院の独特の動きとの関連を指摘する声もある。

しかしいずれにせよ、通り一遍の解釈ではなかなか了解のいかないのが、日本で行われる「最も高度な政治ゲーム」とされる自民党総裁選だ。権力闘争における「冷徹な計算と戦略」が「人間的な嫉妬と恐怖」と表裏一体であることは、ホッブズが17世紀に見抜いた通り。自己保存本能が議員を突き動かし、その行動原理は多重的な意思の錯綜と利害の調整の上に成立する。

2012年の総裁選で決戦投票における逆転勝利を安倍晋三前首相にもたらした菅首相(無派閥)は17日、「河野太郎行革相を支持する」と述べ、森山裕国会対策委員長(石原派=近未来政治研究会)も16日に河野支持を表明しているが、二階幹事長の意向は伝えられていない。果たして河野氏が1回目で過半数を獲得するのか、それとも決選投票で岸田氏が逆転勝利するのか、あるいはネット上で高い人気を誇る高市氏が台風の目になるのか。13日間の総裁選は短いようで長い。

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

プロフィール

北島 純

社会情報⼤学院⼤学特任教授
東京⼤学法学部卒業、九州大学大学院法務学府修了。国会議員政策秘書、駐日デンマーク大使館上席戦略担当官を経て、現在BERC(経営倫理実践研究センター)主任研究員を兼務。専⾨は戦略的パートナーシップ、情報戦略、コンプライアンス。著作に『解説 外国公務員贈賄罪』(中央経済社)、論文に「グローバル広報とポリティカル・コンプライアンス」(「社会情報研究」第2巻1号)などがある。
Twitter: @kitajimajun

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国、イランなどへの制裁解除訴え 核合意協議巡り

ビジネス

米ゴールドマン、新たな福利厚生制度を導入 人材集め

ビジネス

10月鉱工業生産速報は前月比+1.1%=経済産業省

ビジネス

失業率10月は2.7%に改善、有効求人倍率は1.1

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中