Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.3.30号(3/23発売)

特集:中国に勝てるのか

2021年3月30日号(3/23発売)

Cover Story

「中国と対峙する」バイデン外交に思わぬ足かせ──。尖閣に迫る中国海警局に米軍はどう対応する?

米外交 バイデンを縛るトランプの対中政策
■図解 西太平洋地域をにらむ中国的弾道弾の脅威
東アジア 「トラブルメーカー」中国の野望をどう止める
■チャート 日中関係を反映する中国公船の「侵入歴」
分析 新政権と共にアメリカ外交が帰ってきた

ミャンマーが中国に迫る選択

クーデター 反中感情が高まるなか、中国は国軍と手を組むか縁を切るか

マレーシアが北朝鮮に「ノー」

東南アジア 制裁違反容疑者をアメリカに引き渡した英断の行く末
【Periscope】
CHINA 米中外交トップ初会談、大荒れの必然
BRITAIN イギリスが軍縮を捨て核軍拡へ
ISRAEL 監視用ブレスレットは監禁よりマシ?
GO FIGURE アジア系を狙った憎悪犯罪が全米で激増
【Commentary】
視点 一帯一路の明るくない未来──河東哲夫
貿易 対中関税を撤廃すべき3つの理由──魏尚進
中東 朝日新聞が誤読した教皇イラク訪問──飯山陽
風刺画で読み解く 福原愛を溺愛する中国人心理──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 中小企業になりたい大企業 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える うちはご近所の託児所じゃない!
たかがジョーク、されどジョーク コロナ対策でタイムマシン出動!? ── 早坂隆
【World Affairs】
ドイツ メルケルのいないCDUは迷走中
【Features】
企業倫理 CSRな企業が今年注力すべきトレンドは
外交 日本と仲良くなりたいイギリス的事情
フェイクニュース ヘレン・ケラーにSNSが牙をむく
【Life/Style】
Intellectual Property マーベル人気キャラの深い悩み
SNS いいね!を求めるマウス的心理
Movies 漂泊と労働の旅に「ホーム」を求めて
Women 女性たちはコロナ禍でも歴史を変える
My Turn 銃に娘を奪われて3年、喪失の日々を生きる
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ハンガリーを覆う非情な黒い霧
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン ──「レジリエンス」でなく我慢する日本人

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミクロン株をまん延させたイギリスの違い

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「ひざの痛み」という悩みがいつまでも解消されない…

  • 6

    1回40秒、風呂上がりと外出前の1日2回...「ひざの痛…

  • 7

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    イギリスに新たな変異株「デルタプラス」出現 従来型…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中