Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.7. 6号(6/29発売)

特集:教養としての国際情勢入門

2021年7月 6日号(6/29発売)

Cover Story

現代を生きる上でなぜ国際情勢は必須の知識なのか 奇才モーリー・ロバートソンら各分野の識者に学ぶ

総論 国際ニュースの荒波にのまれないために
■基礎知識 覚えておきたいキーワード7
各論 地政学の羅針盤
■中国 習近平の中国は今、何を狙っているのか
■ロシア プーチン政権のアキレス腱は反体制派でない
■イラン 中東の大国がアメリカを翻弄する理由
■アメリカ バイデン、勝負の1年半が始まる
■イギリス EUを出て、どこへ向かう?
■EU 欧州の戦略のカギは大陸国家ドイツが握る
■イスラエル/パレスチナ 終わりなき闘争の構造を読む
■オーストラリア 南の資源大国はなぜ中国に歯向かうのか
■インド 日和見インドが米中の狭間で取る道とは
■ミャンマー 「誤算」クーデターのこれまでとこれから
■ASEAN 東南アジアに迫る2つの重大試練
■朝鮮半島 文在寅と金正恩に関係修復の季節が始まる?
■日本 反中は強まるか 東京五輪後の日本外交を占う
【Periscope】
PHILIPPINES 「ワクチンか牢屋か」迫るドゥテルテの焦燥
HONG KONG 香港市民が怯える蘋果日報廃刊の「次」
IRAN 「北朝鮮製」イラン衛星打ち上げが失敗
GO FIGURE コロナ禍のテロ件数が欧州で不変だった訳
【Commentary】
イギリス 暴動10年、英国にもう1つの分断 ── コリン・ジョイス
米外交 米ロ首脳会談の勝者はどっち? ── サム・ポトリッキオ
分析 コロナ後の新興国経済を待つ暗雲 ── カウシク・バス
風刺画で読み解く「超大国」の現実 妥協屋マンチンvs妨害屋マコネル ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 米金利引き上げの危険な未来 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 2人目をつくるべきか決心がつかない
その言葉への違和感 その非難は自分に返ってくる ── 望月優大
森達也の私的邦画論 ギャグとテンポと実名が痛快な『翔んで埼玉』── 森達也
【World Affairs】
南アジア ゲイツ財団にインド庶民は大激怒中
LGBTQ ハンガリーに忖度したUEFAのお粗末
米社会 歌姫ブリトニー、その告発の行方は
【Features】
米政治 第三政党の躍進へ機は熟した
【Life/Style】
Space 大金持ちは宇宙を目指す
Movies 愛の爆発を名優2人が演じる『スーパーノヴァ』
Music 帰ってきたオルタナの女王リズ・フェア
Online 「桐生ココ」を知っていますか?
My Turn   2歳でIQ146の愛娘を大切に育てたい
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 砂漠化と闘う中国「緑の長城」
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye ワクチン接種券が届いたけれど ── トニー・ラズロ

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中