Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.7.27号(7/20発売)

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

Cover Story

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

ルポ 癌と癌治療を生き延びた記者の闘病記
分析 日本医療の「ファストフード化」にメスを入れる時
■チャート アメリカの肺癌(ステージ1期)の治療法
      欧米各国と日本の肺癌(ステージ1期)の治療法

SNS発キューバに火を付けて

中米 ついに起きたネット発の全国デモは「カリブの春」に発展するのか

歓声なき東京五輪の幕が開く

日本 失政の末の無観客オリンピックが終われば次は政治ゲームが始まる
【Periscope】
UNITED STATES LAでマスク再義務化の理由
BRAZIL 支持率急落のボルソナロが急病で窮地
HAITI ハイチ大統領暗殺の黒幕は暫定首相か
GO FIGURE アスリートは国旗にどう向き合うべき?
【Commentary】
外交 大使不在で考える大使の意義──河東哲夫
MLB わが父と大谷とベーブ・ルースと──グレン・カール
視点 中東の新時代を否定したい人々──飯山陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 好ましからざる「同志」たち──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 コロナ予算を余らせてしまう日本 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 娘がヌード写真をネットに投稿しました
たかがジョーク、されどジョーク 天使たちには「彼」がついている ── 早坂隆
【World Affairs】
ハンガリー オルバンの危険な悪あがき
シリア いまISの女たちが話していること
【Life/Style】
Drama 音楽と愛への賛歌『シュミガドーン!』
Moveis ベテラン女優は女性版アクション劇で輝く
Travel 「音の絶景」は静寂に包まれて味わいたい
My Turn 大失敗だったブリトニー独占取材の裏側
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 惨劇の被害者と10年目に再会して
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 「三国志」は国境を超え……ない? ── 周来友

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中