コラム

石井聰亙『シャッフル』は特別で別格──走るチンピラと追う刑事、全力疾走の舞台裏

2021年05月02日(日)11時50分

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<デビュー直後の武田久美子とプロデューサーの荒戸源次郎以外は、みなほぼ無名。準主役の刑事を頼まれた僕は、監督とカメラを乗せた中古ハイエースをひらすら追い続けた。最後には...>

刑事役をやってほしいのです、と石井聰亙(現・岳龍)は言った。台本はその前にもらっていた。刑事ならば準主役だ。ラストに腹を至近距離から銃撃されて死ぬ。そのシーンを思い浮かべながら僕は、目を閉じて死にたいのです、と石井に言った。

石井は首をかしげる。意味が分からないようだ。僕は説明した。テレビドラマなどではこうした状況でよく目を開けたまま無念そうに死にますよね。ずっとあれが嫌でした。死ぬときは目を閉じるべきです。説明しながら自分でも何が言いたいのか分からなくなった。でも石井は少し考えてから、分かりました。その演技はお任せします、とうなずいた。

『シャッフル』の制作は秋田光彦で撮影は笠松則通、助監チーフは緒方明。キャストは中島陽典と室井滋、武田久美子に荒戸源次郎と森達也。

デビュー直後の武田久美子とプロデューサーの荒戸源次郎以外は、みなほぼ無名だった。ネットの映画情報サイト「映画.com」でこの映画は、以下のように紹介されている。

「自分を裏切った女を殺したチンピラと彼を追う刑事が、全編にわたりひたすら全力疾走を続ける姿を映し出す。壮絶なスピード感とエネルギーの中、流血のクライマックスへと突き進んでいく......」

銃を手にしたチンピラと彼を追う刑事は市街地を走り続ける。ロケの8割は走っていた。先行する中古ハイエースのバックドアを開けて小さな三脚に固定した16ミリカメラのファインダーをのぞく笠松の横で、石井はほぼ無言だった。だからハイエースのスピードに合わせて走り続けるしかない。今にして思えば、それが石井の演出プランだったのだろう。極限まで走らされて体力がゼロになりかけた中島と僕は、本気で苦悶しながら鉄柵を飛び越え、相手の銃撃をかわし、とにかく走り続けた。

ようやくチンピラを緊急逮捕した刑事は、取り調べのために警察署に向かう。もちろんリアルではない。制作部が探してきた廃墟のような建物だった。ほぼ順撮りの撮影はこの日でクランクアップ。多くのスタッフとキャストが集結した。阪本順治が演じていたのは警官AだったかBだったか。手塚眞が現場にいたことも記憶している。

最後に銃撃されて絶命する僕は特殊効果スタッフから、シャツの下に女性用のナプキンを当てられた。その上に火薬を仕込んだ弾着をガムテープで固定する。血のりを入れるのはコンドーム。衣装は一着のみ。つまり一発勝負だ。NGは許されない。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

ニュース速報

ワールド

米国防トップが議会証言、アフガン政府軍の崩壊に「驚

ワールド

英、日本との防衛関係強化 正式交渉開始へ

ワールド

EU首脳、次回会合でエネルギー価格の上昇を協議

ワールド

米、40万人がコロナワクチン追加接種完了=ホワイト

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落とし穴 ── あなたは購入していない

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた

  • 4

    100年に1度の極端水位が今世紀末までに毎年発生する…

  • 5

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 6

    アメリカから見ると自民党はめっちゃリベラルです

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 9

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 10

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 1

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 2

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 10

    犬のように人懐こい猫25種 飼い主に忠実な「相棒」…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中