最新記事

シリーズ日本再発見

コロナだけじゃない、「二重苦」と戦う日本の飲食業界

2020年05月15日(金)16時18分
高野智宏

japan20200515covid19-restaurants-3.png

■喫煙専用室
大きなチェーン店などに設置されている喫煙室。その室内では紙巻きたばこ、加熱式たばこ両方の喫煙が可能だが、飲食をはじめとするサービスの提供は不可能となる。

■加熱式たばこ専用喫煙室
その名のとおり、加熱式たばこのみ喫煙が許され、飲食のサービスも提供できるタイプ。加熱式たばこのユーザーが増えてきた近年、カフェなどがこのスタイルを導入するようになっている。

■喫煙目的室
ここからが難題。まずこの「喫煙目的室」は、シガーバーや煙草販売店など喫煙をサービスの「目的」とする施設に関しては、喫煙や飲食の提供を許可するというもので、スナックやバーもこのカテゴリーへ申請する店舗が多いという。なお、このカテゴリーの場合、米飯類などの主食は主として提供することはできない。

■喫煙可能室
こちらの「喫煙可能室」では、これまで喫煙できた一般的な居酒屋などと同様、喫煙が許され飲食もできる。となれば、これまで喫煙可能だった店舗がこのカテゴリーになるのかと思いきや、それでは改定健康増進法を施行した意味がないのだろう。これに該当する店舗には厳しい条件が課されている。

その条件とは、「資本金が5000万円以下」の店舗で、かつ「店舗面積が100平方メートル以下である」というもの。つまり、法施行により事業の継続が危ぶまれる小規模店を対象とした経過措置であり、大規模店舗には適用されない(その上、東京都の「従業員を使用していないこと」のように、条例でさらに厳しい条件を課している自治体もある)。

「コロナ騒動さえなければ......」

前述した三光マーケティングフーズが経営する各店舗も、その多くが以前は喫煙可能な店舗だった。法改正にどのように対応したかを聞くと、「大半の店舗に喫煙(専用)室を設置した」という。しかし、なかには「喫煙目的室」(喫煙目的施設とも呼ばれる)に申請した店舗もあった。

ソウルダイニングバー「鶴千 歌舞伎町店」(5月6日現在、休業中)もその1つだ。「(この店舗では)以前より、お客様の7〜8割が喫煙されるお客様であること。そして、バー業態でありながら喫煙ができないのは、お客様の感覚に合わないと考えたためです」と、広報担当の西川氏はその理由を説明する。確かにバーには酒とたばこを楽しみに来る客が多いし、完全禁煙となっては大幅な客足の減少が予想されるのだろう。

また、業態としてはカフェであるセガフレード・ザネッティ新宿南口店も、改正健康増進法の施行後に「喫煙目的室(施設)」となった店舗だ。以前は禁煙席を4席設ける分煙スタイルの店舗だったが、現在は全席が喫煙可能である。

japan20200515covid19-restaurants-2.jpg

店舗入り口や購入カウンターで「全席喫煙」を案内するセガフレード・ザネッティ新宿南口店 Photo: 高野智宏

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中