最新記事

シリーズ日本再発見

在宅勤務ニッポンで増える「在宅休憩」の悩み

2020年06月22日(月)16時05分
西田嘉孝

カカオ本来のナッティな風味や、フルーティな香り、またミルクのコク深さなど、ひとくち食せばそれぞれに異なる繊細な味わいが感じられる。そんな「明治 ザ・チョコレート」には、3袋に小分けされた板チョコタイプ(想定小売売価:各220円・税別)の他、ビター2種類とミルク2種類がそれぞれに食べ比べられるアソートパウチ(想定小売売価:各210円・税別)も。

japan20200622zaitaku-2.jpg

4種類のフレーバーで展開されている「明治 ザ・チョコレート」。ビター系とミルク系がそれぞれ楽しめるアソートパウチもある(写真はビターアソートパウチ 40g)

「ひとくちサイズで梱包されているアソートパウチは、特にデスクワークにぴったり。美味しいチョコレートをご褒美に、次の休憩ではこの味を食べようと決めて作業をするなど、仕事にメリハリをつけることにも役立っています」と、小川さんは言う。

健康や美容を意識する女性に人気のハイカカオチョコレートは、甘ったるいチョコレートが苦手な男性にもぜひ試してもらいたい。お気に入りの味わいに出合えれば、きっと「テレワーク太り」に悩むビジネスパーソンの素晴らしい相棒になるはずだ。

自宅の「たばこ休憩」ではにおいに注意

また、家族や恋人と一緒に住む人であれば、テレワークでパートナーと過ごす時間がおのずと増えることで「コロナ離婚」のような問題を引き起こしてしまうケースもある。

マーケティング支援事業を行うパイルアップの調査では、20〜59歳のパートナーと暮らす1600人(本人もしくはパートナーが喫煙者)のうち、45.6%の人が「この1ヶ月で2人とも在宅時間が増えた」、30%の人が「パートナーと自分のどちらか一方の在宅時間が増えた」と回答。そのうち「自宅で過ごす時間が増えたことでストレスを感じている」人は、男性で82.7%、女性では89.5%にもなっている。

そうしたストレスの解消法を見ると、女性では「たくさん寝る」と回答した人が37.0%で最多なのに対し、男性では「喫煙する」という回答が36.3%でトップ。

奇しくも今年の4月1日からは改正健康増進法が全面施行となり、原則屋内禁煙がすべてのオフィスで義務づけられた。その上、コロナ感染防止を目的に、今は多くの屋外喫煙所が閉鎖されている。だが在宅勤務であれば、そんな制限はなし。喫煙者にとって気兼ねなくたばこを吸える自宅は天国かもしれないが、それがまたパートナーとの関係悪化を招きかないので注意が必要だ。

マーケティングリサーチ事業などを行うアダプティブが夫婦を対象に実施した調査によると、「家の中でたばこを吸われると『におい』が気になるか」という質問に対し、パートナーが紙巻たばこを吸う場合は58%が、加熱式たばこを吸う場合は22%の人が「気になる」と回答。

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中