最新記事

シリーズ日本再発見

コロナ禍の日本、支持される商品には「理由」がある

2020年10月07日(水)11時05分
高野智宏

ちなみに、なぜリトルシガーは紙巻たばこに比べて安いかというと、たばこの本数で税率が決まる紙巻たばこに対し、使用するたばこ葉の重量で課税されるリトルシガーは、たばこ葉の量を調整することで現在の税制においては税率を低く下げられるというわけだ。

さて、人気のキャメル・シガーの中でもより注目度が高いのが、8月に発売された新商品の「キャメル・シガー・メンソール・ベリーカプセル・ボックス」と「キャメル・シガー・メンソール・ベリーカプセル・ライト・ボックス」。いずれも20本入りで400円。

japan20201007products-pic3.jpg

「キャメル・シガー・メンソール・ベリーカプセル・ボックス」(左)と「キャメル・シガー・メンソール・ベリーカプセル・ライト・ボックス」(右)。共に20本入りボックスで、定価400円

この2銘柄、注目の理由はその喫味だ。そのまま吸えば強メンソールの爽快感が味わえ、フィルターに内蔵されたカプセルを潰すことで、ベリーのフレーバーが加味される。

「リトルシガーの特徴的な巻紙の色が気になって手を出さなかったんですが、増税だし安いので、試しに買ってみたら、思った以上に美味しくて驚きました」と、都内在住の40代男性は言う。「ベリーカプセルは、つぶす時と最後までつぶさない時があるんですが、気分で選べるそんなところも気に入っています」

「普通のたばこと遜色なくて、もうこれに乗り換えようと思うぐらい」と語るこの男性。増税をきっかけに、こうした乗り換え愛煙家が増えそうだ。

在宅勤務が生んだ意外なヒット商品

3つめのキーワードは「在宅」だ。4月の緊急事態宣言発令をきっかけに、一気に進んだ在宅勤務。今後もそうした勤務形態を継続していく企業も多いという。これを機に自宅での業務環境を整えたという声をよく聞くが、こんな意外なヒット商品もある。「ゲーミングチェア」だ。

普通のオフィスチェアではない。シューティングゲームなどでの激しい身体反応にも対応する剛性の高いフレームや、適度に身体をホールドするシェル型のフォルム。

レーシングチェアの基本構造をベースとしながらも、肌触りやクッション性の良いファブリックをはじめ、ヘッドレストやアームレスト、そしてリクライニングなど、座り心地を重視した機能をも併せ持つチェアだ。

なるほど、長時間ゲームを続けるゲーマー向けに開発され、実際に多くのゲーマーが使用しているとなれば、仕事に応用できると考えても違和感はない。

なかでも人気なのが、家具の総合商社、関家具(福岡県大川市)が開発したゲーミングチェア・シリーズ「コンティークス」だ。「直近3カ月の目標額に対する平均値として約122%、また、在宅勤務化が進んだ6月は約141%と、目標額を上回るご注文をいただきました」とは、同社でコンティークスを担当する、eスポーツプロジェクト課長の山本信彦氏。

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中