最新記事

シリーズ日本再発見

いま、エナジードリンク時代が日本に到来している

2021年03月17日(水)16時40分
西田嘉孝

まさにエナジードリンクな新感覚「飲料系」たばこ

市場が加熱するエナジードリンクやゼリー系飲料の一方で、「休憩」のイメージが強いたばこでも、どんなシチュエーションで吸っているかを聞くと、実はエナジードリンクと似たような傾向が見えてくる。

もちろん喫煙の目的はさまざまであり、「気分を落ち着かせたいとき」や「リラックスしたいとき」に吸うという人も多いだろう。

しかし2020年を通して見れば、そうした目的で吸う人がわずかながら減っているのに対し、「前向きになりたいとき」や「成し遂げた・成功したとき」に吸うという人が増えているのだ(マーケティングリサーチ会社マーケティングアンドアソシェイツの調査より)。

そうした、いわば「気分を盛り上げたいとき」や「もうひとがんばりしたいとき」に、うってつけのフレーバーもある。

加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」専用のたばこカプセル「メビウス・エナジー・スパーク・ミント」と「メビウス・エナジー・ショット・ミント」だ。「スパーク」のほうは炭酸飲料がイメージされ、後口に残る爽快な刺激がくせになる。一方の「ショット」のテイストは、まさに私たちがよく知るエナジードリンク。シャープでキレのあるうまさと爽快感が特徴の、新感覚の飲料系フレーバーなのだ。

この2銘柄、昨年夏に期間限定で発売されたものだが、世の中の「エネルギー」人気も影響してか、好評を博してレギュラー化。3月5日から全国発売となった。

japan20210317energydrink-pic3.jpg

エナジードリンクをイメージしたたばこカプセル「メビウス・エナジー・スパーク・ミント」と「メビウス・エナジー・ショット・ミント」、利便性が増した新デバイスの「プルーム・テック・プラス・ウィズ」(手前) Newsweek Japan

最近ではリモートワークも当たり前になり、喫煙者にとっては、自宅で吸う機会が増えている。自宅での「もうひとがんばり」なシチュエーションでも、たばこのにおいをほぼ無臭にまで軽減した「プルーム・テック・プラス」は心強い味方と言えるだろう。

折しも今年2月には、「プラス」の専用のたばこカプセルが楽しめる「プルーム・テック・プラス・ウィズ」の全国発売がスタートしたばかり。「プルーム・テック・プラス」の機能はそのままに、携帯性や利便性を格段に進化させた加熱式たばこの新デバイスだ。

驚くほどコンパクトなのに、充電時間が短縮されているうえ、たばこカプセルやバッテリーの残量がひと目で分かるディスプレイも搭載している。

筆者も早速購入して使用しているが、「吸いたいタイミングで使えない」という状況を未然に防いでくれる残量ディスプレイは、これまでのデバイスになかったのが不思議なくらいに便利でありがたい。

また、電源のオン・オフもデバイス上部のボタンを3回連続で押すだけ。ゼロ秒起動なので、好きなときに好きな分だけ楽しめるのも嬉しいポイントだ。

今はもう「24時間戦う」時代ではなくなったかもしれない。だが、ようやく経済に明るい兆しが見えてきそうななか、日本のビジネスパーソンたちはさらなる「エネルギー」を求めている。

あらゆるアイテムが登場し、群雄割拠が続く日本の「エナジー系市場」に今後も注目だ。

japan_banner500-season2.jpg

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中