最新記事

シリーズ日本再発見

日本が生んだバーチャルYouTuberアイドル桐生ココ、世界中のファンが「卒業」を悲しんでいる

The Wild World of VTubers

2021年07月01日(木)18時30分
ジェイク・ディーン、ディーリア・マリネスク
桐生ココ

チャンネル登録者数は120万人以上、桐生ココを知っているか? HOLOLIVE.TV-SLATE

<日本から世界に普及したVTuber。そのスターである桐生ココの「卒業」発表に、外国のファンたちも騒然となった>

6月9日、衝撃の一報に世界中の若者が泣き、悲しげなミーム(ネット上でのはやりの画像やフレーズなど)をシェアし、ファンアートを投稿していた。日本のアイドルである桐生(きりゅう)ココの「卒業」を知って喪失感に襲われたのだ。

言っておくが、ココは「リアル」なアイドルではない。日本のカルチャーが生んだバーチャルYouTubeのスターだ(チャンネル登録者は120万人を超える)。バーチャルYouTubeの世界をさくっと紹介しよう。

◇ ◇ ◇

バーチャルYouTubeとは

生身の人間ではなくアニメやバーチャルのキャラクター「バーチャル・ユーチューバー」、略してVチューバーをフォローするチャンネルだ。Vチューバーは2010年代半ばに日本で人気になり、今や世界中に普及している。

キャラは大抵、生身の人間の動きをモーションキャプチャー技術でアニメ化。活動の場はYouTubeや中国のbilibili(ビリビリ)など人気の動画プラットフォームの生配信だ。アニメ風のかわいい人物の場合もあるが、人間の言葉を話す動物から甲高い声で意味不明の動きをする半人半獣まで、幻想的な姿をしていることが多い。

「ホロライブプロダクション」は、日本のテクノロジー・エンターテインメント企業のカバー株式会社が運営するVチューバー事務所。所属タレントは桐生ココを含め52人。特に兎田(うさだ)ぺこら、宝鐘(ほうしょう)マリン、白上(しらかみ)フブキなどが有名だ。ホロライブは2大Vチューバー事務所の1つ(もう1つは「にじさんじ」)で、中国、インドネシア、英語圏向けのグループも結成した。

桐生ココとは?

ホロライブのトップスターの1人。2019年12月のデビュー以来、YouTubeの投げ銭機能「スーパーチャット(スパチャ)」で2億6000万円以上を稼いでいる。スパチャは2017年に導入され、登録者が有料でチャット欄のメッセージを目立たせることができる。

桐生ココは公式プロフィールによれば「人間の文化に興味を持ち、異世界から日本に語学留学中の子供のドラゴン」。年齢は3502歳(ドラゴンとしてはまだ子供)で、「仁義と任侠を重んじる正義感あふれるドラゴンで、気合いで人間の姿を保っている」。

いってみれば、ココはVTube界の大物だ。英語が流暢で、いち早く動画に字幕を付けて外国のユーザーの支持も勝ち取った。バイリンガルのココは英語圏にもファンが多い。

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫婦」の声

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 7

    ヒトの血や尿と火星のレゴリスからコンクリートのよ…

  • 8

    「最も高度な政治ゲーム」自民党総裁選のカギを握る…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    全米第4の大都市ヒューストンが「野生の王国」に?

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 9

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 10

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 5

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 6

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 7

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 8

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中