最新記事

シリーズ日本再発見

桐生ココ、日本が生んだバーチャルYouTuberアイドルの「卒業」を世界中のファンが悲しんでいる

The Wild World of VTubers

2021年07月01日(木)18時30分
ジェイク・ディーン、ディーリア・マリネスク

210706P64KCO_02B.jpg

ココの誕生日当日の「あさココLIVEニュース」配信。視聴者からの「投げ銭」スーパーチャット(右端)は人気の証しだ COCO CH. 桐生ココ/YOUTUBE


桐生ココ
誕生日:6月17日
身長:180センチ(ドラゴン時7メートル)
デビュー日:2019年12月28日
人間の文化に興味を持ち、異世界から日本に語学留学中の子供のドラゴン。仁義と任侠を重んじる正義感あふれるドラゴンで、気合で人間の姿を保っている。

桐生ココの活動内容

「あさココLIVEニュース」を配信し、ホロライブの所属タレントの近況を紹介。ゲームの実況動画を配信したり、所属タレントのミームを紹介したりするミームレビューなどの動画も公開している。ココはずけずけ発言し、ユーモアがあって、口が悪い。ホロライブのほかのメンバーをいじるのが好きだが、総じて所属タレントの中でも特に思いやりがあるとみられている。

それでも、生身のスター同様、スキャンダルと無縁というわけではない。

2020年9月、ココと、彼女と同じくホロライブ所属の「赤井はあと」は3週間の活動自粛処分に。生配信で視聴地域の分析結果を読み上げた際に、台湾を国扱いし台湾の旗を映したと批判されたのだ(カバーは、2人が「機密情報である自身のYouTubeチャンネルの統計データ(分析結果)」を開示し、「その内容について、一部地域に在住の方に対する配慮に欠けた発言があった」と説明)。

今回の卒業について

J‒POPでは引退を「卒業」と呼ぶ。引退といっても普通はある程度の年齢に達して別の活動に移ることだが、ココの場合は要するにもうYouTube上に存在しなくなるわけだ。この知らせに、「悪夢だ」「冗談だと言って」「泣いちゃう」といった返信コメントが英語、日本語、スペイン語などで飛び交った。

ココは9日の生配信で卒業理由については言えないとコメント。7月1日午後8時(日本時間)から卒業ライブを配信することも発表した。カバーはプレスリリースで「弊社一同、残念な気持ちではございますが、何度も話し合いを重ねた結果、本人の意向を尊重」することになった、とコメントした。

これまでにもVチューバーがさまざまな理由で卒業している。例えばキャラを演じる生身の声優や俳優(いわゆる「中の人」)の精神面・体調面での問題などだ。

「中の人」の待遇

Vチューバーの「中の人」が顧みられることは少ない。実際、彼らの待遇をめぐってVチューバー事務所はたたかれてきた。理屈の上では彼らはいくらでも替えが利くのだ。

Vチューバーは生身の人気ユーチューバーと違って知的財産だ。制作会社はコンテンツを海外に輸出し、バーチャルのタレント事務所はビジネスチャンスを広げるために彼らを活用できる。タレントは仮想的なキャラクターであって、モーションキャプチャーのスーツを着た俳優ではない。

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中