コラム

バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

2021年01月21日(木)18時30分

もちろん、中国政策で得をしたアメリカの企業もある。イバンカ・トランプはパパが当選してから猛ペースで41もの商標登録を中国政府に承認されたようだ。でも、イバンカ抜きの一般論でいうと、ブルームバーグが報じる通り、トランプとの貿易戦争には中国が勝ったのだ。

ダメ押しとして、トランプは退任ギリギリでさらにバイデン外交を妨げる作戦に出た。イランにアルカイダが拠点を築いていると主張した。キューバをテロ支援国家に指定した。そして、イエメンの反政府武装勢力フーシ派をテロ組織に指定した。

まぎれもなく、これでイランとの合意復帰、キューバとの関係回復は難しくなるが、それらよりも大変なのは内戦中のイエメンへの対応。「反政府」と言いながら、フーシ派は首都を含めて人口の大半が暮らす地域を支配している、事実上の政府。テロ組織に指定することでイエメン国民への人道的支援も禁じられ、大規模な飢餓が起きかねない。そのため、国連の高官らは直ちに指定を撤回するように求めている。しかし、イランやキューバとの融和と同じように、撤回すれば弱腰に見えるため、バイデン新大統領にとって政治的にとても困難な状況だ。

バイデンを困らせるためのトランプやポンペオ元国務長官のしたたかさにある意味感心するが、その政局的な判断の結果、実際世界で多くの人が飢え死にするかもしれない。政治家にハングリー精神はあってもいいが、実際にハングリーな人がいるときにこんな手は絶対に許されない。

こうして山積する国際問題には、バイデンは友好国と力を合わせ取り掛かりたいと言っている。が、その作業をもトランプの負の遺産が邪魔している。トランプは中国を巻き込んで成し遂げた地球温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定からも、中国けん制を目標にして作られたTPP(環太平洋経済連携協定)からも、アメリカを離脱させた。同盟国と協力し対立国と交渉して結んだイラン核合意からも。何度も「アメリカは約束を守らない、仲間を裏切る国」という印象を与えてきた。

同盟国とも大揉め

トランプには悪気はなかったのかもしれない。考えてみれば、パートナーを裏切り、支払いや返済の約束を守らないのはビジネスマンとしてのやり方と一緒だ。本人はそれで成功しているから国もそれでいけると思った可能性もある。同時に、トランプが会社を破産させたことは6回もあるから、失敗するのも驚かない。むしろ、当然のことだ。

パートナーへの態度がもっとも重要な問題だ。対立国と対立するのは当たり前だが、トランプは同盟国とさえ仲良くできなかった。フランス、ドイツ、カナダなどの同盟国の首脳たちへ個人攻撃をしたし、友好国の集まりであるはずのG7にも亀裂を残した。2年前にはG7史上初めて共同声明を出せないぐらいに関係が崩れた。米軍撤退という恐喝を武器に日本や韓国へ米軍基地関連経費の負担増を突き付けたし、ほかの同盟国に対しても同様の態度だ。

結果、去年の世論調査によると、同盟国の国民がアメリカに対して持つイメージが記録的な低さまで下がったようだ。そして、つい最近、スコットランドはトランプの入国を認めなかったし、EUの高官らはポンペオの面会を断ったという。結局、アメリカ・ファーストはアメリカ・アローンになっている。

めでたいはずの、新しい消防署長の就任。でも前任が放火魔!退任直前に火炎瓶を消防署や街中に投げまわしている。早く消火作業に取り掛かりたいが、バケツリレーをやってくれる仲間はいない。みんな前任の愚行でやけどしているから。いやぁ、かわいそうな消防署長!

動物園や消防署の例えは少し無理があったかもしれないが、国家はよく船に例えられるから最後はそれで閉めよう。

新政権の船出の幸先は悪そうだ。反対勢力から暴風クラスの向かい風が吹いている。国内外の情勢は波浪警報級の荒波となっている。さらに、政府への信頼も、国民のファクト共有も、政治家に良心的な行動を守らせる規範も、同盟国との連携力も失った国の船体はレンコン並みに穴だらけ。果たしてこの船に浮力はまだあるのか疑問だ。出航したら、大航海より大後悔の時代になりかねない。

バイデン船長、実にかわいそう。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル軟調、英ポンドなど早期利上げ観測

ビジネス

米ネットフリックス契約、予想上回る伸び 「イカゲー

ワールド

マヨルカス米国土安全保障長官、コロナ検査で陽性=D

ビジネス

米国株式市場=上昇、堅調な企業決算に期待

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中