コラム

日本に必要なワクチン接種の加速、アメリカはどうやった?

2021年05月20日(木)18時20分

コロナ禍で日本が抱えている問題や課題、どれもワクチン接種が解決への近道となる。つまり、ワクチン接種が日本一の急務だ。他の法案よりも、公共事業よりも、天かすの買い出しよりも一大事な仕事だ。それが遅れているにもかかわらず、それに取り組む政府の必死さが伝わらない。

もちろん、ワクチンを輸入に頼っている日本だから、EUの輸出規制も遅延の要因の一つ。しかし、輸入が遅れたことは、準備の期間が伸びたと意味するだけ。配分や配布の制度整備、人員や会場の確保、電話回線の増設、オンライン予約システムの開発など、今ネックとなっている過程は全部事前に整えるために十分時間があったはず。なんでできていないんだろう。

今の状況を見ていると、「一緒に映画を見に行こうと、迎えに向かったときに渋滞に巻き込まれ彼女の家に到着が遅れた! にもかかわらず、彼女はまだ出かける支度ができていない......」という、青春時代のじれったいデートを思い出す。

ワクチン接種でドタバタしているのは日本だけではないが、日本ほど遅い国は少ない。 各国の接種率を比較したニューヨークタイムズによると、日本では100人中5.6人が1回ワクチン接種を受けている。179か国中で103位に当たる、恥ずかしいペースだ。101位にバングラデッュ。102位にジンバブエ。その次、103位に日本がランクイン。素敵な国だと思うけど、ジンバブエの友達から「日本は大変だね、頑張ってね」と励まされる立場になると思わなかったね。

アメリカから何を学べる?

アメリカもワクチン接種の出だしでは、配分、配給、保存、予約などで問題はあったが、結局早くワクチン接種が成功したことから何が学べるのか?まずはリーダーシップの大切さ。トランプ政権は昨年末までに2000万人の接種を目指していたが、具体的な対策は発表されなかっただけではなく、存在もしていなかったということがのちに発覚。当然、目標は達成できず、トランプ退任時に1回でも接種した人はまだ1500万人しかいなかった。

一方、バイデン大統領は就任した日に中央政府が配給を仕切る「ワクチンファースト」なスタンスに切り替えた。バイデンは「有事だ!」と総力戦を宣言し「100日で1億人」という目標に向けて、就任当日に10ものコロナ関連大統領命令を著名し、新たなコロナ対策案を発表。それもきめ細かく198ページにわたってつづられていた。とても斬新だった。それまで大統領からの情報発信はほとんどツイートだったからね。

2つ目は、いい意味でのおおざっぱさ。どんな公共事業にも初期段階でトラブルは起きるが、試行錯誤をしながら加速を目指す現場の人を応援する姿勢が大事。日本での「架空の番号で予約ができた?!けしからん!」と叩く姿勢に対し、アメリカの人々はオレゴン州でワクチン輸送中に吹雪に巻き込まれ足止めを食らった公衆衛生当局の職員が、車から降りて、近くの車に乗っている人に声をかけてその場でワクチン接種を行ったことを大絶賛していた。完璧主義にならずに、あの手この手でとにかく全力でワクチン接種進めるのが大事。

日本もできる国だ。国民は勤勉で正直。まじめで倫理的。リーダーシップと現場の行動力が揃えば、また世界に誇るサクセスストーリーが描けるはず。全力投球でワクチン接種を加速して、また「日本モデル」をアメリカの友達に自慢させてほしい。根は傲慢だからね、僕は。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ファナックが通期予想を下方修正、需要堅調も部品不足

ワールド

国連がG20に協力呼び掛け、金融機関の気候変動目標

ビジネス

東レ、リチウム電池部材のハンガリー子会社をLG化学

ビジネス

午後3時のドルは114円近辺で小動き、月末前の実需

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 7

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 8

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 9

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 10

    マイケル・ジャクソンのボディーガードだった私が見…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中