コラム

聖火ランナーになって分かったオリンピックの価値

2021年07月17日(土)17時30分

聖火リレーをつなぐ人々の思いは切実だ(7月9日、東京のセレモニー) Naoki Ogura-REUTERS

<五輪開催には多くの問題がある。でも選手たちはもちろん、聖火リレーの走者たちの背景や思いもきれいごと抜きで勇気や希望をもたらす力があるのは間違いない>

五輪の聖火リレーのトーチは長さ71センチ、重さ1.2キロ。建築廃材のアルミを再利用して作られ、デザインは桜をモチーフにしているという。価格は7万1940円。ランナーを務めた人は購入が可能だ。

データだけで見るとかなり無味乾燥な印象だが、実際にトーチを手にすると、「計り知れない思いが詰まっている」と感じ、なかなか単なる既成品だと、片付けることはできなかった。今月14日に東京都の府中競馬場でトーチセレモニーに参加させていただいた僕も喜んでトーチを持ち、式典が終わったら喜んで買いました。が、残念なことが1つ。領収書は出ない。
  
正直、この段落をこう書いた瞬間、少し胸がドキッとした。ちょっぴり怖い気分だ。

いつものテイストで、軽くふざけながらコラム執筆に挑みたいが、2021年のコロナ禍における東京五輪に対する国民の感情はかなり沸騰している。著名人が聖火ランナーを辞退しないだけでも批判の対象になり得る。その上、このテーマを茶化してしまうと、非難ごうごうになる恐れは間違いなくある。

現に、5月に開催反対が8割に達していた反オリンピックのピーク時(反オリンピーク時?)に、僕がテレビで開催賛成派の思いに理解を示したとき、ツイッターでは殺人鬼扱いされてしまった。そうした経験をした身として、世論の危険性は重々分かっている。だから、ふざけないことにする......わけではないが、気を付けるよ。聖火をテーマとして取り上げることで、反対派の導火線に火を付けたくはない。

五輪のための緊急事態宣言?

むしろ、冷静なコラムで炎上を鎮火させたいのだ。そもそもオリンピック中止、延期を願う人たちの思いはとてもよく分かる。感染力がおよそ2倍のデルタ株も含めて、新型コロナウイルスの変異株が世界各国で猛威を振るうなか、わざわざ海外から何万人も呼ぶイベントを開催するなんて、政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長が言う通り、「普通」ではない。

安全に開催できたとしても、1年半で世界で400万人が亡くなり、その数十倍が感染し、その何百倍もの人が経済損失を受けているなかで、ワイワイと楽しくスポーツの祭典を満喫できるのか?その答えはNo!

という反対派のご意見はもちろんごもっともだ。オリンピックを中止にした場合の経済損失を理由に開催決行を薦める意見も聞くが、それに対する反論も強い。野村総研は中止による損失額を1兆8000億円と試算している。だが同時に、過去3回の緊急事態宣言はそれぞれ1兆9000億~6兆4000億円もの損失を生み、4回目の損失は8月22日に予定通り解除されても1兆円以上と推計している。つまり、緊急事態宣言を発令するより、中止の方が安く済む可能性もある!この論点は否定しづらい。

オリンピック開催直前にまた緊急事態宣言が発令されたわけだが、これはオリンピックのための緊急事態宣言だと僕は思わない。7日平均の新規感染者数が前週比で130%を超えると、警戒が最高レベルに引き上げられるということは今までの3回の経験でわかっている。これは「普通」のことなのだ。

考えてみると、緊急事態宣言については逆の発想もできる。どうせ家にいなきゃいけないなら、テレビの前で何時間も楽しめるオリンピックがあってよいかもしれない。最近は緊急事態宣言が発令されても電車の乗車率も街の人流も大して減っていない。でも、政府の要請に応じるつもりはなくても、オリンピックは見たいので家で過ごす、という人が増える可能性は十分ある。五輪観戦を持ってコロナ感染を制す!とか、感染No!観戦Yes!というポスターもぜひ......作らないでほしいけど。

しかし、暇つぶしにオリンピックを観るとしても、ワクチン接種が行き届かないままの日本に外国から大勢の選手、関係者を招き入れていいのか。来日してから陽性反応を示した選手がすでにいる。濃厚接触者の扱いは各国の代表に任されているとか、監視、管理制度が甘くて「バブル方式」と呼ばれる隔離体制に穴が開いているという指摘もある。その上、無観客で開催しても「オリンピックをやっているなら......」と、国民の気のゆるみを呼び起こすのではないかなど、心配材料は多い。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米コロナ新規感染者が拡大傾向、NY市は警戒レベル引

ビジネス

JERA、最大出力でも5日間の発電可能 今朝受水を

ワールド

米経済団体、バイデン政権の台湾武器売却は不十分と批

ワールド

米財務長官、対ウクライナ財政支援強化を同盟国に要求

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中