コラム

群馬ファンの僕がメディアに言いたいこと(パックン)

2021年11月30日(火)17時00分

草津温泉などの観光名所も多い群馬県だが… kuppa_rock/iStock.

<群馬県知事が異議申し立てをした「都道府県魅力度ランキング」でなぜ魅力を測ることはできないのか、そしてメディアの取り上げ方が問題とは?>

都道府県の魅力度ランキングで群馬県は44位

相方マックンの出身地でもある群馬県に何度も訪れたことのある僕は、その情報を聞いて驚いた。群馬の山も街も歩いている。群馬の温泉にも入っている。群馬の名物も食べているし、相方の家族も含めて何人もの群馬人と交流している。群馬通とまではいかなくてもかなり詳しいほうだと思う。そこで思った。全都道府県の中で魅力が44位だと?!高すぎるだろう!

芸風の一つとして、こうやって軽く群馬をバカにすることは多い。でも本音じゃないよ。群馬のみなさん、炎上させたりしないでください!まあ、そんな心配もないだろうね。群馬にはインターネットもないし。......すみません。悪い癖だ。

少し前に話題になった魅力度ランキングだが、この騒動からは日本のメディアの大きな欠点が見える。永遠の課題といえるものだ。

テレビやネットニュースなどでこの話題は「魅力度ランキング発表!ベストは?ワーストは?」などと紹介されることが多かった。そしてほとんどのメディアは、そのランキングはどこの機関がどうやって調べたものなのかなど、大事な「根拠」が印象に残らない、「魅力度」だけのインパクトが残る報じ方だった。もちろん、メディアリテラシーのエリートであるこのコラムの読者は「根拠」はご存じだろうけどね。

「魅力」を測る仕組みに問題が

でも、念のためにはっきりさせよう。このランキングは、「ブランド総合研究所」という民間企業が3万5000人に取ったオンラインアンケートの一部だ。「地域に対する評価」を5段階で記してもらい、それぞれの地域の点数でランキングを決めたものだ。

では、何が問題か?なによりもネーミングだ。大辞泉によると、「魅力」は「人の心をひきつけて夢中にさせる力」と定義される。ランダムに選ばれたネットユーザーに各都道府県のその度合いを図る資格はあるのだろうか?

行ったこともない、とりたてて詳しくもない地域を評価しろと頼まれてもかなり困るのではないか?各都道府県におそらく10回以上行っていて、海外旅行の経験も豊富で、世界各地の魅力を体験している僕でも、都道府県の魅力を図る基準にはされたくない。勉強不足で魅力を見落としてしまって、どこかの地域のイメージに傷が付いたら本当に申し訳なく思う。群馬県ならかまわないけどね、そもそも傷つくほどのものがないし......。

あ、ウソです!ごめんなさい!法的措置はやめてください!

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ビジネス

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中