Picture Power

【写真特集】母国がにじむ中国系住民の郊外的日常

THE SUBURBAN CHINATOWN

Photographs by JESSICA CHOU

2021年06月19日(土)16時15分

『 ダンス大会でヒップホップの練習をする高校のダンスチーム』(アルハンブラ、2019年)

<アジア系へのヘイトクライムが急増するアメリカで、今アジア系住民は「われわれは何者なのか」と自問している>

コロナ禍のアメリカでアジア系住民に対する憎悪犯罪が急増するなか、アメリカに生きるアジア系移民が自問している問いがある――「われわれは何者なのか」と。

米西海岸にはアジア系移民がコミュニティーを築いてきた街が多くある。「郊外にできた最初のチャイナタウン」とも言われるロサンゼルス郊外のモンテレーパークは、初めてアジア系が多数を占めるようになった街だ。またロサンゼルスから車で10分のサンガブリエルバレーでは、アジア系が人口の4分の1以上を占める。

南カリフォルニアの歴史をひもとけば、この地のインフラ、農業、経済の発展は19世紀半ばに金鉱が発見され、集団で移住してきたアジア人、特に中国人に負うところが大きい。だが彼らの貢献や苦難はあまり知られてこなかった。

モンテレーパークで育った写真家のジェシカ・チョウは2013年に「郊外のチャイナタウン」と題した作品を撮り始めた。典型的なアメリカの郊外に見る中国系住民の日常は、アメリカ文化に母国のアイデンティティーを接ぎ木して構築される、移民社会のありようを映し出す。

ppchinese02.jpg

『ラモナ通りとニューマーク通りの交差点で、メキシコ系アメリカ人風の洋服を着た若者たち』(モンテレーパーク、13年)


ppchinese03.jpg

『ルネー』(アルハンブラ、18年)


ppchinese04.jpg

『モンテレーパーク第97回パレード』(ガーベイ通り、13年)


ppchinese05.jpg

『ガールスカウトのフェア』(アルカディア、19年)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反落、米ハイテク株安が重し 衆院選

ワールド

中国、「共同富裕」実現に向け税制改革を強化へ=新華

ビジネス

EUが豪とのFTA交渉再延期 仏との関係悪化が背景

ワールド

米カリフォルニア州、「爆弾低気圧」で鉄砲水に警戒

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中