Picture Power

【写真特集】米軍撤退が招いたタリバン大攻勢

THE TALIBAN IS MARCHING IN

Photographs by EMANUELE SATOLLLI

2021年08月17日(火)17時30分

アフガニスタン北東部バグラン州の村に立つ少年。タリバンの勢力が最も強い地域で、国家保安局(NDS)に支援を受けた親政府武装勢力も活動する

<米諜報機関は、早ければ米軍撤退から6カ月以内に政府が崩壊すると警告していたが......>

アフガニスタンの主要基地から米軍が去ったのは7月2日のこと。20年に及ぶアメリカ最長の戦争は、ジョー・バイデン大統領の出口戦略を受けて加速度的に進んできた。

その一方で、アメリカの諜報機関はかつての見通しが楽観的だったことに気付いたようだ。イスラム原理主義勢力タリバンが急速に失地回復している状況を踏まえて、アフガニスタンは早ければ米軍撤退から6カ月以内に崩壊すると警告を発した(編集部注:タリバンは8月15日、首都カブールの大統領府を占拠し「勝利」を宣言した)。

実際、首都カブールからわずか数キロに迫る中部ワルダク州では襲撃が続いている。駐在する警察幹部は「タリバンは闇夜にレーザーガンを使い攻撃を仕掛ける」と言う。「昨夜も1人の仲間が死んだ」

その地域から程遠くない場所で、フォトグラファーのエマヌエーレ・サトーリはタリバン司令官の1人ムハンマド・ナジルに出会い「領土をめぐる戦いは宗教的取り組み」だと告げられた。「外国勢力は去らねばならない。それが終わればイスラム的価値観に基づいた政府が樹立され、平和が訪れる」

ppafghan02.jpg

タリバンから分離した武装勢力の兵士たちが北西部ヘラート州の山岳地帯で警備に当たる


ppafghan03.jpg

タリバン政権時代に「宗教警察」のトップとして極端な原理主義的政策を許容した宗教指導者のモールビ・クァラムディン


ppafghan04.jpg

タリバンからの分離組織で副長を務めるアブドル・マナン・ニアジ(中央)は5月に襲撃され死亡したが息子が後継者となり組織活動は続いている


ppafghan05.jpg

タリバンが支配するワルダク州ニルク地区にある村の女性(右)は髪の毛を隠すだけのヒジャブでなく全身を覆うブルカを着用しなければならない

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中