Picture Power

【写真特集】ソ連時代の夢の跡に暮らす難民たち

REFUGEES IN THE RUINS

Photographs by SANDRO MADDALENA

2021年08月24日(火)15時30分

廃墟となったサナトリウムは旧ソ連時代、療養の人々でにぎわい、ジョージア出身の独裁者スターリンもこの温泉地を愛した

<現在、ほとんどが廃墟となったジョージア・ツカルトゥボのサナトリウムに暮らすのは、90年代のアブハジア紛争で故郷を追われた国内難民だ>

ppruins-map.jpg

黒海沿岸に近いジョージア(グルジア)西部の町ツカルトゥボは、ソ連時代、温泉保養地としてにぎわっていた。22の壮麗なサナトリウム(保養所)や周辺のホテルを、エリート層や労働者が休暇や療養のために訪れていた。しかしソ連崩壊後、ツカルトゥボは急速に寂れていく。

現在、ほとんどが廃墟となったサナトリウムに暮らすのは、1990年代にアブハジア紛争で故郷を追われた国内避難民だ。アブハジアはもともとジョージアの一部だったが、92年に独立を宣言し、ジョージアとの間で紛争が起きた。約20万を超える難民のうち5000人が、ツカルトゥボのサナトリウム跡に逃れ、現在も数百人がここで生活を続けている。

廃墟となったサナトリウムにガス供給や暖房施設はなく、衛生状態も良くない。ジョージア政府は、難民のための集合住宅の建設とツカルトゥボを温泉リゾートへと再生させる計画を明らかにしている。

しかし、経済状況の悪化で実現の見通しは立たず、コロナ禍で状況は一層悪化している。町の各所に遺るソ連時代の美しいモザイク画が、難民の苦境を一層際立たせる。

ppruins02.jpg

サナトリウム跡のプールで遊ぶ子供たち


ppruins03.jpg

難民の高齢男性たちはサナトリウムの地下にある一室に連日集まって、チャチャ(ジョージアの地酒、ワイン製造で出たブドウの搾りかすから造るウオッカ)を酌み交わす


ppruins04.jpg

現在はアブハジア難民が暮らすサナトリウム跡へと続くエントランス


ppruins05.jpg

曲線と直線が融合したデザインが美しいサナトリウムの階段。この施設は現在、開発業者に売却されたため難民は暮らしていない

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中