プレスリリース

世界に愛されるポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの作品《KIKU (F&S II.308)》。「ANDART」にて7/22よりオーナー権の一般販売が開始。

2021年07月22日(木)11時00分
株式会社ANDART

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、世界に愛されるポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの作品《KIKU (F&S II.308)》のオーナー権を7月22日(木)19:00より販売いたします。





お取り扱い作品のご紹介

<作品情報>
・タイトル 《KIKU (F&S II.308)》
・アーティスト アンディ・ウォーホル
・制作年 1983年
・出品元 Private Collection
・作品詳細ページ https://and-art.jp/works/33

<作品解説>
東京とニューヨークをまたいで制作されたもう一つのフラワーシリーズ
80年代バブル期の東京とニューヨークを往復し制作された本作は、ウォーホルとNYのファクトリーの指示のもと、東京の「現代版画センター」にて刷られた作品。この方式で制作された作品は本作と《LOVE》の2点しかないという点においても、非常に貴重な文脈を持つ作品である。本作《KIKU (F&S II.308)》のタイトルにもなっている菊の花は、皇族の象徴としてウォーホル自身に選ばれたモチーフだ。のちに、ウォーホルの代表作でもある《Flowers(1964年)》に関連づけられることもあり、元々は別シリーズの作品だが、「もう一つの《Flowers》作品」としても高く評価されている。菊の花は、日本人にとっては皇族の象徴や霊的なものなど特別な意味をはらむモチーフであるが、海外では一般的な花の一つに過ぎず、両者でモチーフが持つ印象が異なる点も面白い。1983年はウォーホルも自身の技法を洗練させる中で、東京におけるシルクスクリーンの技術が向上していた時期でもあり、非常に高品質な作品として出来あがった。ウォーホルのモチーフへのこだわり、そして日本の職人技が光る作品である。

※ 詳しい市場情報やオークション落札実績などのデータは、無料の会員登録後にご覧いただけます。


アーティストご紹介

アンディー・ウォーホル。現代アートの中でもポップアートという新たなジャンルを牽引し、アメリカ社会に深く根付く問題や題材を扱いながら「スープ缶」「セレブリティの肖像画」など大衆の心を動かす象徴的作品を残し続けた世界でも最もポピュラーな20世紀後半を代表する画家、芸術家。銀髪のカツラもトレードマークとして知られる。大学卒業後「ヴォーグ」などの雑誌広告やイラストで商業デザイナー、イラストレーターとしてのキャリアを経てアートの世界へ転身。1962年にキャンベルスープ缶のシリーズを発表以降、洗剤やコカコーラ等の消費財やマリリンモンロー等の著名人など、大衆社会を表現する素材をモチーフにして大量生産・大量消費という高度資本主義における構造をシニカルに描いた。現在ではスタンダードな「シルクスクリーンプリント」という大量印刷が可能な手法をいち早く用いながら大衆に向けポップアートというひとつのジャンルを切り開き、一気にその知名度を押し上げた。音楽や映画まで幅広く才覚を発揮しアーティストとして大成功を収めるも、1987年心臓発作で死去。1970年には「ライフ」誌によってビートルズとともに「1960年代にもっとも影響力のあった人物」として選ばれるなど、時代を象徴するアーティストとして今もなお人々の記憶に残る。


購入額に応じた優待を通じてコレクター体験をご提供

ANDARTでは保有するオーナー権の枠数に応じて、異なる優待をご提供しております。
全てのオーナー様に提供される優待の一例として、「オーナー証明書」、作品展示の際の「オーナー名掲示(任意)」、「オーナー限定鑑賞イベントへの参加」、「アーティストの活動レポートのお届け」などをご用意しております。
優待の詳細は作品詳細ページよりご覧ください。




ANDARTとは

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品でも1万円から購入/売買ができる、日本初、アート作品の共同保有プラットフォームです。オーナー権を購入した作品オーナーは、オンライン上でのコレクションをはじめ、実物作品の鑑賞機会など様々な優待を通して気軽に本格アートコレクションを楽しむことができます。また、オーナー権の売買が可能な会員間取引機能もβ版にてご提供を開始しております。ANDARTでは2019年のリリース以来32作品(7月22日19:00発売のアンディ・ウォーホル作品で33作品の予定)の販売を行い、会員数は約1万名を突破。2020年、日経トレンディのスタートアップ大賞にて第3位を受賞しました。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」:
https://and-art.jp/
公式Twitter  :
https://twitter.com/ANDART_official
公式instagram :
https://www.instagram.com/andart.jp/




会社概要



会社名 :株式会社ANDART
代表者 :松園詩織
所在地 :東京都渋谷区渋谷1-8-5-102
設立 :2018年9月
HP:
https://and-art.co.jp/


これまでのメディア掲載

・Forbes「アートのオーナー権を少額から購入 作品を複数人で「共同保有」する日本初のサービスとは」
https://forbesjapan.com/articles/detail/25926/1/1/1

・日本経済新聞「美術品取引 個人も気軽に スタートバーン、電子証明書で信頼感 アートゲート、数万円から共同購入」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43092080Z20C19A3FFR000/

・ワールドビジネスサテライト「日本初!アートを共同保有」番組内で特集頂きました。

・日経産業新聞「アートシェア登場、あなたも絵画の「一口オーナー」に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53169980Q9A211C1X11000/

・GOETHE「シェアビジネスの新潮流! たった1万円で有名アート作品のオーナーになる!」
https://goetheweb.jp/person/slug-na614b4991002

・Forbes「1万円からはじめる「アートの共同保有」は、日本人の美意識を変えるか?」
https://forbesjapan.com/articles/detail/31624

・アスキー「バンクシーも草間彌生も1万円からオーナー権が購入できる注目サービス『ANDART』」
https://ascii.jp/elem/000/004/021/4021770/

・共同通信「バンクシーの作品買えます 共同保有、約1万円から」
https://this.kiji.is/670516591762408545

・FINDERS「1万円からバンクシーやウォーホル、草間彌生ら超ビッグネームの作品オーナーに。」
https://finders.me/articles.php?id=2483

・日本経済新聞「美術品投資ぐっと身近に スタートアップが変える」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFZ2964T0Z20C21A1000000/

・2021年6月号のCLASSYにて「ANDART」をご紹介いただきました。

・日本経済新聞「暮らしにアート、背伸びせず 見る・描く・持つ手軽に」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC20BBF0Q1A520C2000000/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 6

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 7

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 8

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中