プレスリリース

アニメシリーズ「モンチッチ」最新エピソード 第11話~第14話 日本初放送!カートゥーン ネットワーク

2021年07月22日(木)11時00分
ターナージャパン株式会社
アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は、 2021年7月から放送スタートしたアニメシリーズ「モンチッチ」の最新エピソード第11話から第14話を7月24日(土)と7月25日(日)に日本初放送します。 https://www.cartoonnetwork.jp/pages/camp/2021monchhichi


(c) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017
最新エピソードの第11話「ハナエのめまい」では、木から落ちたハナエを助けようとしてウィローが足をひねってしまったことから、ハナエは高い所に行くとめまいがして動けなくなってしまいます。カウリ達のサポートでハナエがなんとか恐怖を克服しようとしているときに、モンチッチの支配を企むアイコー達が大切なドリームフルーツを奪い取りにきてしまうストーリー。

放送を記念して、モンチッチとカートゥーン ネットワークがコラボレーションをした限定品のモンチッチぬいぐるみが抽選で30名様に当たるプレゼントキャンペーンをカートゥーン ネットワーク公式サイトで実施中です。<締め切り7月31日(土)>


モンチッチは、1974年に株式会社セキグチから発売された、体はぬいぐるみ、顔と手足はソフビの人形。発売直後より爆発的ブームとなり、ヨーロッパやアジア各国などでも人気者になり、現在も世界中で親しまれています。
アニメシリーズ「モンチッチ」は、フランスで制作されヨーロッパ各地で大きな話題となった3DCGアニメ。ウィロー、ハナエ、カウリのモンチッチ3人組が、いたずらっ子から大切な子どもたちの夢を守るストーリー。日本語版の吹替えは、井口裕香、柿原徹也、KENN、森川智之が担当しています。

第11話 ハナエのめまい
(c) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017
ドリームフルーツ・コンサートでハナエとポリーナは演奏、カウリとウィローはダンスを披露することになった。ところが調子に乗って木から落ちたハナエを助けようとしてウィローが足をひねってしまう。その体験がトラウマとなり、ハナエは高い所に行くとめまいがして動けなくなってしまう。カウリのサポートでなんとか恐怖を克服しつつあるものの、ハナエが本調子になることはなく…。

第12話 きこえなくなったポリーナ
(c) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017
楽器の練習をしていたカウリとポリーナ。ウィローに渡されたミュートが機能しないままカウリが思い切りサックスを吹いたため、そばにいたポリーナは耳を痛めてしまい、熟したドリームフルーツを見つけられなくなってしまう。耳を治す薬を探すハナエたちは、シルバスからモンチッチボッシュの葉っぱでいれたお茶が効くと聞き、フィールドゥの力を借りることにするが…。

第13話 こおったツリー
(c) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017
ドリームツリーに新しい活力を与えるため「接ぎ木の儀式」が行われるが、ポリーナが用意した枝を接いだ途端にツリーが凍りだしてしまいモンチッチたちはパニックになる。実はその原因はアイコーがドリームフルーツを奪うためにかけた魔法のせいだったのだ。ツリーの具合はシルバスの体調にも影響するため、ハナエたちはまっくろ砂漠に生息するというストーンローズを探し、ツリーを癒そうとするが…。

第14話 しゃっくり大ジャンプ
(c) Sekiguchi / TF1 / Technicolor Animation Productions / 2017
めずらしい花の綿毛を吸いこんでしまい、カウリはしゃっくりが止まらなくなってしまった。しゃっくりの度に大きく飛び上がり、むやみに飛んで行ってしまうので、ハナエとウィローは取り急ぎツルでカウリを取り押さえる。そこへトゥイッグがやってきてあれこれ治療法を試すように言う。シルバスの助言を得てしゃっくりの治療薬である「くすぐり草」を探し出したハナエとウィロー。カウリを治療するが…。

■キャンペーン情報
・カートゥーン ネットワーク コラボモンチッチ プレゼントキャンペーン
 ※締切2021年7月31日(土)24:00まで
 ※詳しくはカートゥーン ネットワーク公式サイト内に記載 
  https://www.cartoonnetwork.jp/pages/camp/2021monchhichi

■放送情報
・番組名:モンチッチ
・放送局:カートゥーン ネットワーク
・放送日時:毎週 土・日 午後12:30-午後1:00
・視聴方法:スカパー!(CS331)、スカパー!プレミアムサービス(Ch.668)、
全国ケーブルテレビ、IPTVなど

■カートゥーン ネットワークについて
世界192ヶ国以上、約4億世帯が視聴する世界最大級のアニメ専門チャンネル。
永遠の名作「トムとジェリー」をはじめ、「きかんしゃトーマス」など大人気のアニメからオリジルアニメ「パワーパフ ガールズ」や「おかしなガムボール」、「アドベンチャー・タイム」など世界中から厳選した良質な作品を24時間放送。国内では、スカパー!のほか、全国のケーブルテレビ、IPTVなどで好評放送中。視聴可能世帯は約720万世帯。

■WarnerMediaについて
ワーナーメディア傘下の事業には、ローカルプロダクションチームによるアニメーションや実写映画など日本オリジナルコンテンツの製作、洋画・邦画の映画配給、映画・アニメーション・HBOコンテンツのデジタル配信を含むホームエンターテインメントとTV放映権ライセンス、ゲームコンテンツの開発、コンシューマープロダクツの販売、およびHBO、ハリー・ポッターの魔法ワールド、DC、ルーニーテューンズなどワーナーメディアが所有するブランドおよびフランチャイズのライセンスも含まれます。またTVチャンネル事業にはカートゥーンネットワーク、CNNインターナショナル、DC、MONDO TV、旅チャンネルなど、キッズ、ニュース、エンターテインメントの各ジャンルが含まれています。
ワーナーメディアはAT&T Inc.のグループ会社です。

■会社概要
会社名:ターナージャパン株式会社
所在地:東京都千代田区
設立:1997年5月
TEL:0570-090-937
URL:https://www.cartoonnetwork.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 6

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 7

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 8

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中