コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

「サイエンスは暗記物ではない」ノーベル賞物理学者、真鍋博士の教育論

<大学入試対策の結果として、日本では文系志望の学生が物理、化学を敬遠するようになってしまった> 大学入試の季節がやってきました。今年の場合は

2022.01.14
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

オミクロン株の脅威、判断に迷い続けるアメリカ

<連邦政府も各州政府も、ワクチン・ブースターを打ってほしいと繰り返すばかりで、オミクロンの脅威をどの程度と見定めればいいのか判断できない状態

2022.01.05
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アメリカがオミクロン「可視化」を先送りする理由

<オミクロン株はデルタ株より重症化率が低いという前提で、バイデン政権は多少の市中感染を規制事実にしようとしている> アメリカでは、9~10月

2021.12.22
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ノーベル物理学賞の真鍋博士が伝える、好奇心を育む教育の責務

<地球温暖化の影響に関しては、人々の生活を脅かす洪水と旱魃の問題を強く懸念している> 今年のノーベル物理学賞を受賞した気象学者の真鍋淑郎博士

2021.12.15
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

真珠湾攻撃から80年、日米の相互和解は果たされたのか?

<日米首脳の相互献花によって日米戦争の和解は完了されたと言えるが、両国関係が盤石だからといってそれに甘えるのは危険> 日本では真珠湾攻撃の記

2021.12.08
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本の外国人入国停止と、コロナ対応の「次の手」

<オミクロン株の実態を見極めるまでの判断としては合理的だが、今後国民へのブースター接種をどう進め、通常の状態に戻していくかが問題> 南アフリ

2021.12.01
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

あきれてモノも言えない、講演資料を官庁に「外注」する国会議員

<三権分立の原則を考えれば、行政府のチェック機能を果たすはずの国会議員の「外注」を請け負うのは「便宜供与」になるのでは> 朝日新聞(電子版)

2021.11.24
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ワクチン「3回目」戦略をどうするか

<ワクチン接種率の高い国、地域でも感染リバウンドが起きているので、日本も油断はできない> 新型コロナウイルスのワクチンは、接種後6カ月を経過

2021.11.17
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本のワクチン接種は、なぜここまで成功したのか

<政府もメディアもある程度「ワクチン忌避」の世論があることを想定し、敵対せずに包摂する姿勢で臨んだ> 2021年春の状況がまるでウソのようで

2021.11.10
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ボストン市長選で民主党左派のアジア系女性候補が勝利 今後の米政治への影響は?

<民主党左派がグリーン・エコノミーや格差是正といった政策を大都市でどう実現させるか、その手腕が注目される> 11月2日は11月の第2火曜日で

2021.11.04

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中