コラム

大谷翔平は、英語でインタビューに応じるべきなのか?

2021年07月14日(水)14時30分

では、この2021年の7月のタイミングで、大谷選手が英語でダイレクトにインタビューを受けるのが適当かというと、それは違うと思います。

何故かというと、現在、大谷選手は2つの特別な条件を抱えているからです。

1つは二刀流の定着です。二刀流というのは、計算上、MLB一軍選手の出場機会を減らす可能性がありますし、所属チームにおける投手の先発ローテーション、野手の打順にも影響を与えます。監督の作戦、球団としての戦力構成にも影響を与えます。ですから、賛否の議論が始まってしまうと収拾がつかない危険があります。ですから、今は、そうした議論に巻き込まれず当事者として結果を出すことに専念する時期でしょう。

2つ目は、同時に大谷選手は野球というスポーツの衰退を食い止め、21世紀の若い世代に新たな野球ファンになってもらうための改革を進める存在となっています。もちろん、二刀流というプレースタイルを認めてもらうこと自体が改革ですが、加えて、審判には公正で客観的な判定を要求する、常に全力でプレーしてスポーツの魅力を高めるといった行動をしています。こちらも、論争ではなくプレーで結果を出すことが大切です。

ですから、今は、水原一平通訳が文化の違いまで計算した上で、クレバーでシャープな通訳をしているので、その二人三脚が機能していると思います。今回のオールスター戦でも、ベンチに退いた後の6回にFOXスポーツ全国中継で、キャスターのジョー・バック氏と解説のジョン・スモルツ氏によるインタビューがあり、大谷・水原コンビは素晴らしい笑顔と共にポジティブで率直な受け答えをしていました。

当面はこれで良いのだと思います。ですが、仮に数年後、MLBを圧倒的に代表する存在になった場合には、日本人選手の前例にこだわらず、英語でコメントを出し、ファンとのダイレクトなコミュニケーションを進めるべきだと思います。通訳を介した対話ということでは、どうしても子供たちには伝わりにくいからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=上昇、堅調な企業決算に期待

ワールド

北朝鮮、潜水艦からのミサイル発射実験に成功=KCN

ワールド

バイデン氏と民主議員、週内に妥協も インフラ・歳出

ワールド

アフガン中銀準備金、タリバンにアクセス認めず=米財

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中