コラム

ワクチン接種が進まない日本へ送るアメリカ人の応援歌

2021年06月02日(水)15時00分

日本のワクチン接種が一挙に加速して、東京五輪中止論者を黙らせる? KIM KYUNG HOONーREUTERS

<国務省の「渡航禁止」勧告によって公然と恥をかいた日本だが、コロナ対策で必ず巻き返す力を持っている>

日本を訪れたときの忘れ得ない思い出はいくつもあるが、その中でも特に深く記憶に刻まれている出来事が2つある。

1つは、ある朝、東京の六本木ヒルズにあるスターバックスで経験した出来事だ。まだ時差ぼけが抜けない妻が、買ったばかりのコーヒーを床にこぼしてしまった。すると、妻が紙ナプキンを取りに行こうとするよりも早く、すぐに代わりのコーヒーが用意され、床のコーヒーもいつの間にかきれいに拭き取られていた。

とてもテキパキとしたスムーズな対応だった。丁重な物腰でさりげなくコーヒーのカップを手渡されて妻が目を丸くしている間に、片付けは全て終わっていた。誰かが掃除してくれていることに気付く暇すらなかった。これが「職人」の仕事ぶりだと、このとき私を東京に招いた米国務省のベテラン職員は説明した。

その日本がいま新型コロナウイルス感染症への対応に苦戦しているのを目の当たりにして、私は信じ難い思いでいる。

とりわけ問題視されているのがワクチン接種の遅れだ。戦争に匹敵する非常時であるにもかかわらず、日本の政府はワクチンの承認プロセスを十分に加速させてこなかった。

ワクチンの安全性と有効性を確保することは極めて重要だが、慎重な承認プロセスを維持したことが原因で、日本は大きなツケを払わされている。ファイザー製のワクチンが承認されたのは、アメリカで使用が許可されてから2カ月遅れだった。

アメリカが素早くワクチン接種を進められたのは、官僚主義の徹底した破壊と仰天のアイデアだ。連邦政府と民間企業が強制的に連携され、接種者に巨額の賞金を出した州もある。ほかの先進国から大きく遅れていながら、日本はこうした大胆な政策を打ってこなかった。

しかし、日本はきっと巻き返すと、私は思っている。日本でのもう1つの忘れ難い経験がその理由だ。東京五輪の中止を求める声が高まっているが、そうした論者は驚かされることになるだろう。

私がその経験をしたのは、日本の政財界の有力者の前でアメリカ政治について講演したときだった。講演を聞いていた有力者のコメントに対して、私はデータと歴史上の事例をふんだんに挙げて強力に反論した。いささか直接的で、ぶっきらぼうな言い方をしたかもしれない。

講演の後、私は力強く自説を展開できたことにかなり満足していた。ところが、ある米国務省官僚にたしなめられた。私の態度は公衆の面前で相手に恥をかかせるものだ、というのだ。私としては率直な議論のつもりだったのだが、相手の日本人のメンツをつぶしてしまったのである。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=上昇、堅調な企業決算に期待

ワールド

北朝鮮、潜水艦からのミサイル発射実験に成功=KCN

ワールド

バイデン氏と民主議員、週内に妥協も インフラ・歳出

ワールド

アフガン中銀準備金、タリバンにアクセス認めず=米財

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中