コラム

社会から「変態」と差別されても、中国LGBT団体が政府を熱烈擁護する謎

2021年07月20日(火)21時21分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
習近平とLGBT(風刺画)

©2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<かつては犯罪とされていた同性愛への差別が依然として残る中国社会だが、習近平体制の下で支援者の声は弱まるばかり>

7月6日、中国の大学で活動するLGBT団体のSNS微信(ウェイシン)アカウントが、一晩のうちに全て凍結された。政府の検閲かどうかなど、今も原因は不明だ。SNS上で抗議の声も上がったが、すぐ消えてしまった。

「性的少数者」という概念は、中国でまだ定着していない。LGBTと聞いて、多くの中国人の頭に浮かぶ言葉は「同性愛」。同性愛者は中国語で「同志」ともいう。共産党を熱愛する同士の意味だった毛沢東時代の「同志」とはもちろん違う。

1997年まで、中国で同性愛は刑法の「流氓罪(チンピラ罪)」で取り締まられていた。同年の刑法改定でやっと同性愛行為は合法化されたが、中国社会に受け入れられたわけではない。政府は犯罪者として取り扱わないが、社会は依然「変態」として差別している。

このため、若者の間で人気の耽美的な少年愛漫画や小説も「変態的」「不健康」と見なされ、検閲や取り締まりの対象になる。「わいせつ物伝播罪」で逮捕され、有罪判決を受けた作者もいる。

21世紀に入り、欧米などの先進国でLGBT文化は認められ、同性婚も合法化されるようになった。だが中国はその反対で、LGBT団体と支援者たちの声は弱くなる一方。習近平(シー・チンピン)政権の言論統制が毛沢東時代と同様の厳しさに戻ったからだが、極端な愛国・民族主義者がネットで跋扈(ばっこ)し、あらゆる欧米発の価値観を「反中国」だと告発する事情もある。

例えば今回、LGBT団体のアカウントが凍結されたとき、ネットで「団体の後ろ盾に外国勢力がいる」という主張が現れ、やがて抗議の声が消えた。自分は「外国勢力と関わっていない」と証明するためなのか、中国の同性愛者やLGBTの支援者たちは、ネットで中国政府を批判する投稿に誰よりも強く反発する。中国の特色ある「愛国的同性愛者」たちだ。

中国人や中国政府はなぜ、「外国勢力」にこんなにも敏感なのか。そもそも中国共産党は、マルクス・レーニン主義という外国製の価値観を受け入れ、ソ連という外国勢力を後ろ盾にして成立・発展してきた世界最大の政党ではないのか?

......そう考えると、外国勢力は確かに怖い存在だ。

ポイント

你是境外势力!
おまえは外国勢力だ!

流氓罪
1979年に中国刑法に追加。社会秩序の破壊やわいせつ行為など公序良俗違反を取り締まる罪だが、何が犯罪に当たるか曖昧で97年に廃止。同罪に含まれていた強制わいせつ罪や集団淫乱罪、騒動挑発罪などが独立し、同性愛は取り締まり対象でなくなった。ただ、騒動挑発罪などどのような罪状も包括する罪も残されている。

20211026issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月26日号(10月19日発売)は「世界に学ぶ至高の文章術」特集。ビジネスの現場に「よい文章」は不可欠。元CIAスパイから名文家の新聞記者まで、世界に共通するライティングの基礎とは

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者2億4

ビジネス

テスラ、自動運転ソフトのベータ版撤回 顧客が問題指

ワールド

中国当局、石炭会社に契約の義務履行を要請

ワールド

スーダン首相、自宅軟禁の状態に─匿名筋=TV

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中