コラム

反マスク派「モンペ」たちが教育委員会で大暴れ、バイデン政権が対応強化

2021年10月27日(水)14時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
反マスク派モンスターペアレント

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<反マスク、反ワクチン、さらには人種差別を「学ばない」自由を訴えて暴れる親たちがアメリカ各地の学校で大きな社会問題に>

ピッチフォークという熊手のような農具と松明を手にする姿は、村人が怒り狂って「罪人」をとがめるときの定番。風刺画で憤慨しているのは母親で、向かう先はschool board meeting(教育委員会の会議)!

訴えはTシャツに書いてあるNo Vax(ワクチン反対)、No Mask(マスク反対)、No CRT(=Critical Race Theory、批判的人種理論に反対)だ。松明は自由の女神のトーチにも聖火にも見えるが、この人は会議を炎上させる放火ランナー(?)になりそう。

風刺画ならではの大げさな描写だが、現実も十分怖い。アメリカの教育委員会の会議は議論の場であり、保護者の参加が大前提だ。しかし、マスク着用やワクチン接種をしない「自由」と自国における人種差別の歴史や現状を学ばない「自由」に固執する保守系の人々には、「参加」の度が過ぎる人もいる。

委員を怒鳴りつけたり、声を合わせてスローガンを叫んだりして会議の進行を阻止するのはたまに見る光景だ。しかし最近、米各地で起きている抗議では物を投げたり、旗ざおで殴り掛かったり、殺すと脅迫したり、委員の個人情報をネットに公開したりして一線を越えている保護者も多い。

負傷者も出ているし、暴行・脅迫罪や学校に銃を持ち込んだ罪で逮捕された人もいる。この状況を風刺画は学校でのいじめだとしている。いじめっ子がお母さん、いじめられっ子が教育委員会という意外な構図が笑える。

だが、当事者は笑えない。全米教育委員会連合は、過激な抗議がテロやヘイトクライム(憎悪犯罪)と同じように悪質であるとして、バイデン政権に捜査を求める書簡を送った。これを受け、司法長官はFBIなどが対応を強化すると発表した。

だが、連邦政府が動くと保守派の保護者はさらに過熱して、もっと恐ろしい展開が起こり得る。今でも現状に耐えられず辞任する委員が増えており、その穴を埋めるのは反マスク、反ワクチン、反CRTのピッチフォークを持っている人々だろう。現に、共和党員たちがこれらの議題をめぐってリコール選挙を要求したり、委員候補の育成を進めたりしているという。

いずれは、方針に反発する側が方針を決める側に回り、コロナ対策や人種差別関連のカリキュラムを廃止する日が来てもおかしくない。議論ではなく暴動で権力を握るわけだ。ぶっちゃけ、そんな委員会でいいんかい?

ポイント

I HAVE A BULLY PROBLEM AT SCHOOL!
学校でいじめられているんだ

DID YOU TELL YOUR MOM?
お母さんには言ったの?

IT IS MY MOM
お母さんが問題そのものなんだよ

CRITICAL RACE THEORY
社会の仕組みや制度に人種差別が組み込まれているという理論

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECBは政府と距離を、物価安定以外の目標は慎重に=

ワールド

国内初のオミクロン感染はナミビア外交官、同乗全員を

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月は前年比+4.9%で過去最大

ビジネス

S&P、新生銀の格付け見通しを「安定的」に下方修正

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中