最新記事

BOOKS

米国の「プロジェクトX」/成功者の失敗に学ぶ/東大生のノート術...【出版社イチオシ6冊】

2021年6月4日(金)18時46分
flier編集部

高年収と生きがいが両立する職業「自分」の働き方


著者:塚本亮
出版社:明日香出版社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

『職業:自分』と聞いて、何を連想しますか?

仕事の内容以上に、その人自身がブランドになっている様子を連想される方も多いと思います。とはいえ、その域にまで達するのはなかなか容易ではありません。

本書は、現在、ビジネス書作家としても華やかに活躍されている著者が、体験談をベースに仕事の創り方を紹介した内容です。成功者の本は実に多いですが、華やかさの裏側にある、泥臭い努力に焦点を当てた本はほとんどありません。よく成功談がもてはやされますが、失敗談にはそれと同等以上の価値があるように思います。

事業がうまくいった矢先、大手企業の参入により、その事業が立ち行かなくなった著者の経験などから、どこに、どんな落とし穴があるのか、紹介しています。

これから独立したいという方は特に、是非とも著者がどんなことに苦悩し、仕事を創り上げてきたのかを読み取って、自分の働き方に活かしてもらえたら嬉しいです。
(古川創一)


東大生のノートから学ぶ 天才の思考回路をコピーする方法


著者:片山湧斗
出版社:日本能率協会マネジメントセンター

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

東大生のノートにはある共通点があります。「再現性を意識してノートをとっている」

本書制作にあたって、東大生100人以上にノートの取り方について取材したところ、この「再現性」というワードが頻繁に見られました。では、この「再現性」とは一体何なのでしょうか。

学校の授業を受けるときに、ノートをとるのは当たり前。私たちはそう思ってしまいがちです。ですが、そもそもなぜノートをとる必要があるのでしょうか。習ったことを覚えるためでしょうか。

たしかに、一般的なノートをとる目的として「覚えるため」ということは挙げられると思いますが、東大生のノートはそれにとどまりません。東大生のノートは、知識を覚える、内容を理解すると同時に、これらのことをアウトプットできるようにします。言い換えれば、「学んだことがそのまま結果につながる」ようにノートをとるのです。

アウトプットを行うために、授業内容を「再現」するーー。そんな東大生の知恵が凝縮した54冊のノートを、ぜひご覧ください。
(編集 新関)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀行、第3四半期は7%増益 予想上回る

ビジネス

日経平均は小幅反落、前日の大幅高の反動で 好決算銘

ビジネス

ファナックが通期予想を下方修正、需要堅調も部品不足

ワールド

国連がG20に協力呼び掛け、金融機関の気候変動目標

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 7

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 8

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 9

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 10

    マイケル・ジャクソンのボディーガードだった私が見…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月