最新記事

ビットコイン

ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた長期保有者の動向

2021年10月25日(月)12時51分
千野剛司(クラーケン・ジャパン代表)

マイニングプールは、今年9月に入ってから、ビットコイン価格が7月底値から106%上昇したことを受けて、利益確定の売りをしたと思われます。ただそれ以降、マイニングプールは蓄積を再び加速させ、9月29日以降でマイニングプールの保有量は741億ドルから1115億ドルへと50%近く増加しました。

先日、北米拠点でかつ株式公開をしている7つのマイニング企業(Riot、Marathon、Bitfarms、Hut8、Greenidge、ArgoおよびHIVE)は、合計で2万459ビットコイン(約130億ドル)を保有していることが明かになりました。この他にも、CleansparkやBIT Digital、Greenidgeなどもビットコインの保有量を増やしています。こうした企業の中には、ビットコインを売却せずに、資金を借りて諸経費を払うところもあると言われます。

マイナーの保有動向も、長期保有者による蓄積トレンドの証左になるでしょう。

「クジラの保有動向」Value in Wallets With ≥ ₿100 (Whales)

さて、ここで気になるのが、どのようなタイプの長期保有者が蓄積フェーズを牽引しているのかという点かもしれません。そこで便利なのが、クジラの分析です。

クラーケン・インテリジェンスでは、100ビットコイン以上保有するアドレスをクジラと定義しています。オンチェーンのデータを見てみますと、クジラが「供給ショック」の犯人であることが分かります。

211023kr_ocrk05.png

(出典:Kraken Intelligence, Coin Metrics「「クジラ」のビットコイン保有量の7日平均とビットコイン価格の推移」)

10月初め以降でクジラが保有するビットコインの1週間平均は0.1%増加し、1188万BTC(約7210億ドル)を記録しました。このペースで増加を続けると、クジラによるビットコイン保有量は月末までに過去最高を更新するかもしれません。

長期保有者の中でも、クジラのような大口投資家が利益確定より、蓄積を優先させていることが分かります。

上記のように、9月に1万ドル以上下落したビットコイン相場ですが、長期保有者の蓄積による「供給ショック」の影響で、10月の相場はマクロ的に健全な状態で推移していることが分かりました。過去最高値を一時更新した後も、長期保有者は利益確定という誘惑に屈することなく蓄積モードを維持しました。以上のようなオンチェーン分析を通じて、「供給ショック」の傾向がますます強くなっていることが読み取れます。

参考:October 2021 Crypto On-Chain Digest

[筆者]
千野剛司
クラーケン・ジャパン(Kraken Japan)- 代表慶應義塾大学卒業後、2006年東京証券取引所に入社。2008年の金融危機以降、債務不履行管理プロセスの改良プロジェクトに参画し、日本取引所グループの清算決済分野の経営企画を担当。2016年よりPwC JapanのCEO Officeにて、リーダーシップチームの戦略的な議論をサポート。2018年に暗号資産取引所「Kraken」を運営するPayward, Inc.(米国)に入社。2020年3月より現職。オックスフォード大学経営学修士(MBA)修了。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月