最新記事

働き方

年収500万円と合計年収500万円、どちらを選ぶか?

2021年9月30日(木)21時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
日本円

kyonntra-iStock.

<副業への関心が高まっているが、どんな仕事をすればいいか、どうすれば稼げるのかを知らない人は多い。パラレルキャリアの第一人者、森新氏が「会社員+副業」が最強だと言う理由とは>

コロナ禍で、ボーナスが大幅にカットされた。街中にはフードデリバリーの自転車がたくさん走っている。じゃあ、自分も何か副業を――と、考える人が増えてもおかしくない。

いま、副業への関心が高まっている。

とはいえ、リクルートの「兼業・副業に関する動向調査2020」によれば、現在、兼業・副業を実施中の人は9.8%(回答者7937人中)。実際に副業をしている人はまだまだ少数派だ。

そのため、いざ始めようと思っても、どんな仕事をすればいいか、どうすれば稼げるのかと、途方に暮れる人が多いかもしれない。

実際、「副業で稼げるのは特別な人」「好きなことを強みにする」「現職が忙しくて時間がない」など、副業に対する誤った思い込みを持つ人が多いと、自身も副業をしている会社員である森新(もり・あらた)氏は指摘する。

森氏はサントリーに入社後、自らの働き方改革に取り組む中で、アウトルックのスキルを獲得。業務生産性を大幅に向上できることを発見し、それらを講演などで発信することで、パラレルキャリアの第一人者となった。

著書の『アウトルック最速仕事術』『脱マウス最速仕事術』(いずれもダイヤモンド社)は、合わせて20万部を超すベストセラーとなっている。

このたび、森氏の新著『普通の会社員のための超副業力』(CCCメディアハウス)が発売。「大副業時代」の到来に向けて、副業の思考と実践法を記した本書から一部を抜粋し、2回に分けて掲載する。

森氏は言う。副業だからこそ、失敗しても、何も失うものはない。「会社員+副業」が最強の働き方なのだと――。

◇ ◇ ◇

「年収500万円」と「合計年収500万円」、どちらを選ぶか

「強い会社」と聞いて、みなさんはどんな企業を思い浮かべるでしょうか。

ほかにはない、独自のサービスを展開している会社?

たしかに強い会社だと言えるかもしれませんが、いずれは他社が追随してくるかもしれません。独自性を売りにできなくなれば、会社の繁栄は長くは続かないでしょう。

では、良質な太い取引先を持っている会社?

しかし、限られた取引先のみに依存することは、大きなリスクでもあります。何らかの理由で巨大な取引先を失ってしまえば、一夜にして売り上げは急減するでしょう。

こうした理由から、企業経営においてはポートフォリオの多様化が重視されます。

たとえば出版社なら、書籍だけではなく、雑誌やウェブサイトも手がけたほうが、安定性は高まります。さらに言えばカフェを経営するなど、まったく別の事業を展開してもいいかもしれません。

ポートフォリオが多様であれば、いずれかの事業が倒れたとしても、別の事業で盛り返すことができます。取引先についても、巨大な1社に頼り切るよりは、小さくても多数の取引相手を抱えておくべきでしょう。

このポートフォリオ戦略は、じつは個人にもそのまま当てはめることができます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国は気候問題を重視、習氏のCOP参加有無はいずれ

ビジネス

J&J、21年利益予想を上方修正 コロナワクチン売

ワールド

北のミサイル、1発はEEZ外に落下 SLBMの可能

ワールド

ビル・ゲイツ氏、グリーン技術への投資で英政府と連携

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月