最新記事

映画

都市伝説の深い闇の中から、あの殺人鬼『キャンディマン』が帰ってきた

A New, Modern-day Candyman

2021年10月13日(水)18時00分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)
『キャンディマン』

アンソニーは忌まわしい過去への扉を開けてしまう UNIVERSAL PICTURESーSLATE

<恐怖と社会問題を融合させた映画『キャンディマン』を、黒人女性監督が現代版カルトホラーにアップデート>

『キャンディマン』は、右手が鋭利な鉤(かぎ)になった殺人鬼をめぐる都市伝説を題材にした映画。英ホラー作家クライブ・バーカーが、1985年に発表した短編「禁じられた場所」が原案になっている。

92年、最初にバーナード・ローズ監督が映画化したとき、舞台はシカゴの公営住宅カブリーニグリーンに設定された。キャンディマンは黒人俳優のトニー・トッドが演じた。

バーカーの原作では、キャンディマンは名前も人種も特定されておらず、背景も描かれていない。しかし92年の映画では、奴隷の息子の霊という設定。この息子は白人の肖像画を手掛ける画家だったが、雇われた白人家庭の娘を妊娠させたため、リンチに遭って殺され右手を切り落とされた。

人種問題を取り入れたホラー映画は、92年当時は珍しかった。ローズの『キャンディマン』がカルトホラー映画史に重要な地位を占めているのは、それが理由でもある。

だが今、ホラーが社会問題に触れることは普通になった。そこで、黒人女性監督ニア・ダコスタによる新しい『キャンディマン』の出番となる。この映画は92年作品の「精神的な続編」という位置付けだ。

映画は77年のカブリーニグリーンをめぐる謎めいたプロローグの後、現代へ飛ぶ。アーティストのアンソニー(ヤーヤ・アブドゥルマティーン2世)と恋人のブリアンナ(テヨナ・パリス)は、カブリーニグリーンの跡地に立つ高級マンションに暮らす。

ある日、ブリアンナの弟トロイが男性の恋人と一緒に姉たちを訪れ、かつてカブリーニグリーンで起きた悲劇について語る。彼の話はほぼそのまま、92年の映画の粗筋だ。

過去の名作ホラーからの引用も

ダコスタの演出には映画史の引用が目につく。スタンリー・キューブリックが使ったような左右対称の構図が多用され、デービッド・クローネンバーグの『ザ・フライ』を思わせるボディーホラー(身体の極度の変容や破裂する様子を見せる)の場面もある。

そして、鏡の秀逸な使い方だ。都市伝説によればキャンディマンは、誰かが鏡に向かってその名を5回唱えると現れる。アンソニーは時として、鏡の中に自分ではなく、鉤の手をした殺人鬼(今回もトッドが熱演)の姿を見つける。

キャンディマン伝説にとらわれたアンソニーは、カブリーニグリーンの跡地を歩く。そこで出会ったコインランドリー管理人のバーク(コールマン・ドミンゴ)から、都市伝説の裏に隠された悲惨な物語を聞かされる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北のミサイル、1発はEEZ外に落下 SLBMの可能

ワールド

ビル・ゲイツ氏、グリーン技術への投資で英政府と連携

ビジネス

BofA、中国の経済成長予測を下方修正 電力不足で

ビジネス

中国スマホのシャオミ、24年前半に自動車量産 CE

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月