最新記事

インタビュー

「ぼっち」の若者役で全米の共感を呼んだベン・プラット「誰もが感情移入できる」

Broadly Sharing Evan’s Story

2021年10月13日(水)17時38分
H・アラン・スコット
ベン・プラット

演技力と歌唱力は折り紙つき。俳優業に加え、シンガーソングライターとしても活躍中だ TIBRINA HOBSONーFILMMAGIC/GETTY IMAGES

<大ヒットミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』の映画版にも主演した若手俳優ベン・プラットの素顔>

友達のいない孤独な若者が、善意でついた嘘がきっかけで同級生や親たちを巻き込んで思いがけないドラマが展開する......。でのやりとりも取り入れた、いかにも現代的なミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』は幅広い層の共感を呼び、ブロードウェイで大ヒットした。

舞台版で主人公のエヴァンを演じ、トニー賞主演男優賞に輝いたベン・プラットは同題の映画(日本公開は11月26日)でも主役を演じたが、映画化には当初不安があったと言う。舞台で「パワフルに、ガツンと心に響くように演じた物語」を映画の形でうまく届けられるだろうか......。

そんな心配は杞憂だった。人物の微妙な表情の変化も見て取れる映画では、舞台以上に「観客はエヴァンの内面に入り込みやすくなった」と、プラットは言う。

エヴァンには誰でも感情移入できると、彼はみる。「誰でもふとしたことがきっかけで自分には居場所がない、人とつながれないと感じるものだから」

映画について、そして最新アルバムについて、本誌のH・アラン・スコットが話を聞いた。

――人気ミュージカルの映画版に出ることにためらいは?

あった。素晴らしい作品だし、やりがいもあったが、演じるのはかなりハードだったからね。感情的にも肉体的にも。でも映画になれば、もっと多くの人に見てもらえる。そのワクワク感のほうが大きかった。

――キャストも豪華だ。特に同級生の母親役のエイミー・アダムスとエヴァンの母親役のジュリアン・ムーア。彼女たちと共演してどうだった?

すごくいい経験になった。2人とも心から仕事を愛し、楽しんでいた。僕も何かをつくる仕事を長く続けていきたいから大いに刺激を受けた。

――この作品にはメンタルヘルスや不安についてのせりふも多いが、歌にすればセンシティブな問題を扱いやすい?

この作品に限らずミュージカルでは、扱いにくいことや耐え難いこと、心が痛くなるような事柄に光を当てたり、掘り下げたりできる。(歌にすることで)そうした問題も抵抗なく受け入れられ、すんなり観客の心に入っていく。

――アメリカで8月にリリースされたアルバム『レバリー』に託した思いは?

大きなテーマが2つある。コロナ禍の最中に一番強く感じた事柄だ。1つはパートナーの(俳優の)ノア(・ガルビン)に恋したこと。もう1つは実家に戻って子供の頃の自分の部屋で暮らすようになったこと。昔の自分に再会したような体験だった。

20211026issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月26日号(10月19日発売)は「世界に学ぶ至高の文章術」特集。ビジネスの現場に「よい文章」は不可欠。元CIAスパイから名文家の新聞記者まで、世界に共通するライティングの基礎とは

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国は気候問題を重視、習氏のCOP参加有無はいずれ

ビジネス

J&J、21年利益予想を上方修正 コロナワクチン売

ワールド

北のミサイル、1発はEEZ外に落下 SLBMの可能

ワールド

ビル・ゲイツ氏、グリーン技術への投資で英政府と連携

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月