最新記事

映画

最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

An Intergalactic Mess

2021年11月16日(火)17時53分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)
『エターナルズ』

「アベンジャーズ」が誕生するはるか昔から人類を見守ってきた「エターナルズ」が、地球を未曽有の危機から救うために立ち上がる MARVEL STUDIOSーSLATE

<昨年のオスカーで注目されたクロエ・ジャオ監督によるマーベル映画『エターナルズ』は、ミスマッチ感が拭えない>

マンガから抜け出してきたスーパーヒーローが世界を救う映画ばかりがヒットするここ十数年の状況を嘆かわしいと思うかどうかは別として、とても残念な事実が1つ。新進気鋭の才能ある監督にとって、その手の映画を撮ることが勲章か何かのように考えられていることだ。

いい例が、低予算のロードムービー『ノマドランド』でアカデミー作品賞と監督賞を獲得したクロエ・ジャオ。彼女には早速マーベル謹製のCG版スーパーカーのキーが授与され、宇宙の果てまで自在に駆け巡れることになったが、ルートや行き先を決めるのはマーベルだから、勝手な放浪は許されない。

いや、ジャオの手掛けた最新作『エターナルズ』が並のマーベル映画と大差ないと言うのではない。そこにはゲイの男たちもいれば聴覚障害のあるスーパーヒーローもいて、マーベル映画史上最も多様性に富むスーパーヒーロー軍団ができた。しかも、ジャオの愛する夕暮れ前の暖かい日差しあふれるシーンがたくさん登場する。

広島の原爆投下にも遭遇

しかし『アベンジャーズ』に代表されるスーパーヒーローものの系譜に照らせば、本作は最弱のレベルと言わざるを得ない。時空を超えて世界を、そして宇宙を駆け巡る物語なのに、なんだか質素なスタジオで撮影されたドラマみたいな閉塞感がある。

主役のエターナルズは、遠い昔に「セレスティアルズ」と呼ばれる宇宙神によってつくられた不死身の超人たち。何千年も前から素性を隠してこの地球上に暮らし、普通の人間として生きてきた。そして広島への原爆投下を含む人類の愚行に何度も遭遇し、そのたびに、できる限りのことをしてきた。

しかし彼らには、人間界で起きる出来事への介入は禁じられている。どうしても見逃せない人たちを救うことはできるが、愚かな人間の愚かな選択による悲惨な歴史を変えることは許されない。

しかしある日、謎の怪物種族「ディヴィアンツ」が地球に襲い掛かり、エターナルズはやむなく地球防衛に立ち上がることになった。首領格のエイジャック(サルマ・ハエック)は米サウスダコタ州の牧場で引退生活を送っていたが、意を決して各地に潜伏する仲間たちを召集した。

地球人の暮らしに最も溶け込んでいたのはセルシ(ジェンマ・チャン)だ。本作の主人公と言ってもいい存在で、昼間はロンドンの自然史博物館で働いている。彼女が持つ超能力は、どんな物質も別な物質に変えてしまう力だ。巨大な落下物に押しつぶされそうな子供を、この超能力で救うシーンが、前半に2回ある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月