最新記事

トラベル

南アフリカでラグジュアリーな滞在とサファリを体験。

アンド・ビヨンド・ピンダ・フォレストロッジ クワズルナタル/南アフリカ

2016年12月14日(水)15時00分
せきねきょうこ ※madame FIGARO.jpより転載

Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

 南アフリカでのサファリ体験で知ったこと。それは、人がどれほど頑張ろうとも絶対に立ち入れない野生の世界。動物の生命をかける弱肉強食の壮絶な生き様であり、理由もなく深い感動に包まれます。「アンド・ビヨンド・ピンダ・フォレストロッジ(&Beyond Phinda Forest Lodge)」滞在は、南アフリカの数あるサファリリゾートの中でも比較的ソフトな条件の環境にあり、一般的に子どもの滞在は禁止されていることが多い中、ピンダは6歳以上であれば可能です。とはいえ野生に接するにはいくつもの決まり事を守ることが第一で、実際のサファリでは緊張感もピリピリです。

01-sekine-161020.jpg森に包まれて建つピンダ・フォレストロッジの客室ヴィラ。深夜になるといろいろな動物の鳴き声も聞こえてくる、野生の醍醐味。Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

 ピンダまではケープタウンから国内線に乗り換えて2時間あまり。大都市型リゾート地、ダーバンに降り立つと、街を基点に車で内陸への移動が始まります。クワズルナタルまでは約4時間。アンド・ビヨンド・ピンダ・フォレストロッジがあるのは広大な自然保護区内であり、プライベート・ゲームリザーブ(私営の動物保護区)として活動しています。ここでは野生動物が自然のままに保護され、その様子をつぶさに観察できるリゾートとして収入を得、その収入を環境整備や動物保護目的に利用しているのです。現在"サファリ"を楽しむキャンプの多くは、同様のプライベート・ゲームリザーブとしてあり、それぞれに野生動物を熟知したスタッフやプロのレンジャーが雇われ、朝晩に1回ずつ、彼らの誘導でジープに乗りサファリが行われています。

02-sekine-161020.jpgメイン棟の内部にあるラウンジ。奥はレストラン。Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

03-sekine-161020.jpgメイン棟に併設されているパブリックの屋外プール。時には野生動物が通り過ぎるのが見える。Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

04-sekine-161020.jpgブッフェスタイルの朝食。フレッシュな地元のフルーツや焼きたてパンが並ぶ。Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

05-sekine-161020.jpgテラスで頂いたボリューミィなブッフェランチ。Photo:Kyoko Sekine

 ピンダの周辺には、ゾウ、シロサイ、クロサイ、ライオン、レオパード、そしてイボイノシシ、ヒヒなども含め、小動物の生息も数知れず。1993年開業のフォレストロッジのほかにも、マウンテンロッジ(91年創業)など全6タイプのロッジが違う場所に点在しています。いずれもサステイナブルな環境型エコ施設であり、施設は快適で贅沢です。滞在3日目の朝、自分のコテージから朝食を摂ろうとレストラン棟へ向かう途中、森の小径でインパラと突然出合い......。インパラも私も一瞬怯んで、しばらく双方が見つめあい固まっていました。(K.S)

06-sekine-161020.jpgヴィラからメイン棟へ朝食に向かう途中、森の小径で出合ってしまったインパラ。お互い驚いて見つめ合った瞬間。Photo:Kyoko Sekine

07-sekine-161020.jpg好運ならばサファリ中にこんな場面も(キャンプからの借り写真)。私はサファリ中にチータの狩りに遭遇。2時間も車を止め狩り場面を見ること成功。Photo : &Beyond Phinda Forest Lodge

08-sekine-161020.jpgサファリ中に出合ったシマウマの群れ。実際に野生を見ると本当に美しい。Photo:Kyoko Sekine


&Beyond Phinda Forest Lodge
Kwazulu Natal, South Africa
www.andbeyond.com/phinda-forest-lodge/photos.htm#1964
コンタクト先:大手旅行代理店か、オンラインで。
www.andbeyond.com/online-payment.htm

(参考記事)
海のない山岳国に水上ヴィラ。まるで気分は地中海リゾート! ニューシャテル/スイス
ラオスの古都ルアンパバーンでは、川沿いステイを楽しんで!

※無断転載禁止

※当記事は「mademe FIGARO.jp」からの転載記事です。

Figarojp_logo200.jpg

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

ワールド

焦点:韓国と北朝鮮の「軍拡最前線」、兵器展示会でつ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月